[ハワイドローン観光案内]Vol.04 テスト飛行4回目。トラウマ再び!!エンジントラブル発生!

2015-11-11 掲載

4回目のチャレンジはココヘッド・クレーターで!

アロハ!ハワイ在住のクリエイティブ・ディレクター、長澤宏樹です。前回のサンディ・ビーチでの海上撮影では、肝を冷やす結果になってしまいました(汗)。

やっぱり、強風はドローンの天敵ですねー。それからやっぱり改めて、「ホームに戻る」ボタンの重要性も実感しました。どうにか戻ってきたドローンのカメラには、僕のパニクった姿がしっかりと写っていましたね(笑)(前回の模様:テスト飛行3回目。今までにない最大のピンチ!!)。

そんな前回を反省しつつ、憧れの海上空撮は、もう少しテクニックを磨くまでガマン、ガマン(涙)。気を取り直して、もう一度いちからやり直し!ということで、今回は、ワイキキから東へ車で30分ほどのところにあるハワイカイエリアのシンボル的なクレイター、ココヘッド・クレーター(Koko Head Crater)へやってきました。

kokoheadcraterAloha_625

海の映像がだめなら、山の映像で勝負!

kokoheadcraterAloha2

ココヘッド・クレーターは、ダイアモンドヘッドのそれとは比べものにならないほどタフなトレッキングルート。観光スポットでもありますが、どちらかというと、ローカルに人気のトレーニングコースです。僕も子供たちとよく登ります。

このトレッキングルートには枕木のようなものが頂上までつながっていて、そこを階段のように使ってのぼるのですが、この枕木、かつて(60年ほど前)頂上に設置されていた軍の通信基地へ物資を運ぶために使われていたトロッコのレールの跡なんです。およそ高さ370メートルのクレーターの頂上を目指す、一直線のトレッキングルート。階段の数はなんと1048段!最初は、角度も緩やかなのですが、中間の橋を渡ったあたりから急勾配になっていきます。

Koko-Head-bridge

登頂直前は、よじのぼるように全身で一歩一歩階段を上がります。

Koko-Head-near-top

ちなみに、先日のぼったときは、中腹あたりでしゃがんで泣いている観光客のおばさんを見かけました…(汗)。かなりの運動量ですので、トライする方はそれなりの格好と水分もお忘れなく!大変な道のりをのぼり切った頂上から見渡すハワイカイの街並みは、そりゃもう最高です。晴れた日は遠くに、ダイアモンドヘッドも遠くに見ることができます。

view

ココヘッド・クレーターについてはこちらで詳しくまとめているので見てくださいね。ココヘッド・クレーターのふもとはホノルル市が管轄する公園なのですが、そこに大きな野球場があります。

drone_park1

いつもは少年野球の子供たちがたくさんいるのですが、幸い今日は誰もいないので、ここから飛ばしてみることにしました。風にあおられたときのことを考えて、グラウンドの真ん中からテイクオフ。

drone-park2

何回か順調に飛ばしている間に、なんだか、ちょっとした違和感を感じはじめました。地上から、見ていてもわかるのですが、ドローンが風にあおられ、孤を描くように飛び始めたのです。何の操作もしているわけでもないのに、ふと気がつくと、野球場から出て行ってしまいそう。明らかにドローンの様子がおかしい…!(汗)

前回の海上で遠ざかっていくドローンの姿が頭をよぎる…!!(汗汗)そして、気づいたら、サンディービーチのトラウマで、またもや緊急「ホームに戻る」ボタンを連打している自分…。そのときのドローン視点映像はこちら↓

今回もどうにか「ホームに戻る」ボタンがちゃんと作動し、無事戻ってきてくれました。でも、完全に、トラウマになっている自分がいるわけで、こんな状態で終わるわけにはいきません!気を取り直して、もう一度、練習!練習あるのみ!と意気込んでいたら、いきなり見たことのない画面がでてきました。

drone_error

エラー11。モーターのセッティングを確認しろ、というメッセージ。モーターの問題?調子がイマイチ悪かったのはこのモーターのせいだったのかな?ランディングのときにちょっと激しく落ちてしまったのか、一つのプロペラが回らなくなってしまった模様。ショック…。帰って、ウェブを調べてみると、モーター自体の交換が必要なエラーであることが判明。

drone_engine

Facebookのドローンコミュニティーを通じて質問してみると、別売のモーターキットを購入して、自分で直してしまった方が早い。修理に出してもいつ戻ってくるかわからない。というのが大半の意見でした。うーーーん。YouTubeに修理のハウツー映像も用意されています。

でも自慢じゃないけど、僕は機械をいじって直せた試しがない。大抵分解したらパーツが一つ余ったりするわけで、結局、パロット社に問い合わせ、郵送して修理してもらうことにしました。ハワイからアメリカ本土への送料だけで50ドルなり。チーン…。ここへきて、いきなり心折れる展開。さーて、ちゃんと直って帰ってくるのでしょうか?しばし、ドローンちゃんとはお別れです(涙)。

0book

長澤宏樹の初著書 「思いが伝わる!心を動かす!アイデアを「カタチ」にする技術」がアマゾンにて販売中!選ばれる企画をつくるにはどうすれば良いのか。博報堂グループで数々の実績を上げてきたクリエイティブ・ディレクターの著者が、企画のつくり方について、解説している一冊。Kindle版も同時発売中)

WRITER PROFILE

長澤宏樹
ホノルル在住。慶応大学卒。博報堂DYインターソリューションズプロデューサー、クリエイティブディレクターとして13年間勤務。独立後、Aloha Branding 合同会社を日本に設立。Aloha Branding Hawaii Inc.を米国に設立。

関連する記事

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.24 ドローンを使ったライブ配信活動を紹介

ドローンを使って何ができるのかを模索する日々 アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。過去3回に分けてお届けしました、ハワイでドローンを飛ばす実践編、いかがでしたで... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.23 ハワイでドローンを飛ばす~実践編最終回!

アロハライフのスタートはクリフスから アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。今回は「ハワイでドローンを飛ばす~実践編」最終回です。今回のハワイ滞在も残すところあと... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.22 続・ハワイでドローンを飛ばす~実践編とこの1ヶ月のトピックス

アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前回は「ハワイでドローンを飛ばす~実践編」について書きました。今回はその続編なのですが、この一ヶ月の間に気になるニュースが多々あり... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.21 ハワイでドローンを飛ばす~実践編

“三種の神器”とともにハワイへ アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前回のVol.20では「ハワイでドローンを飛ばすポイントとは?」について書きました。サクッと... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.20 ハワイでドローンを飛ばすポイントとは?

ドローンを飛ばしはじめてからもう少しで2年 このコラムも今回で20回目!気がついたら、ドローンを飛ばしはじめてからもう少しで2年が経とうとしています。いやー、時の流れ... 続きを読む