乗るドローン?EHANG、「EHANG184」を発表:CES2016

2016-01-07 掲載

「GHOSTDRONE 2.0」を展開する中国ドローンメーカーEHANGが、全自動飛行可能でパイロット不要の1人乗りドローン「EHANG184」を発表した。会場では実際のコンセプトモデルが展示され大きな注目を浴びていた。

EHAN_03

EHANGによると、EHANG184は人間が一人乗って飛ぶことが可能で、機体に乗り込み、操縦する事になる。操縦は専用のアプリで目的地を指定するだけで周囲の安全を確認しながら飛行可能なオートパイロットになると言う。人が搭乗する事でドローンと言う定義も曖昧になるが、ENHANG社ではAAV(Autonomous Aerial Vehicle:自律飛行機)と定義づけている。

EHANG184は人が乗って飛ぶことができるAAV。しかしその仕様から見るとドローンの技術資産を活かして制作された物である。ヘリコプター機体に似た本体4本のアームが伸び、その先には2枚のローターを装備。合計8枚のローターを回転させて飛ぶマルチコプターだ。

EHAN_02 機内にあるのは唯一のWindowsタブレット…。少し不安だ… EHAN_01 後部には荷物スペースと充電部分がある

操縦桿などの機器は備えられていない。アプリをコントロールするWindowsタブレットが一つ装着されているだけだ。機体の全高は2,047mmで、ローターを含む全長・全幅は3,866mm×2,899mm。重量は200kg前後。機体はカーボンファイバー樹脂とアルミで構成されている。

EHANG184は1名の乗員を含む最大100kgのペイロード、約23分・約160kmの飛行が可能。合計出力106キロワットの8つのモーターでローターを回転させ、最高で500メートルの高さまで上昇して平均時速100kmでのフライトが可能。しかしながら展示されていた物はプロトタイプで実際に飛ぶ事はできないという。完成され、実用化されれば非常に画期的な乗り物と言えるだろう。しかし安全面、技術面含めて乗り越えるべき壁はまだまだ高いと言える。

EHAN_04EHANGが展開するドローンシリーズ「GHOSTDRONE 2.0」
EHANG184
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

次の担い手になるか?JIYI新型ドローンと小型ジンバルを展示:CES2016

今年のCESでは、ドローンは、一つのテーマとして多いに注目を集めていた。DJIやParrotそしてYUNEECなど数多くのメジャーメーカが出店する中、次世代のドローンメーカーの展示... 続きを読む

進化するSOLOとその周辺。3DRがアップデートした内容とは?:CES2016

3DR社は、CES2016会場にはブースを出していなかったが、各協力会社のブースにて展示協力していた。そこでもCES2016での発表が幾つかあったので取り上げてみたい。そう3DRの... 続きを読む

インテルの「Drone 100」プロジェクトがギネス記録を樹立:CES2016

インテルの「Drone 100」プロジェクトがギネス記録を樹立した。このプロジェクトはドイツ、ハンブルク付近の飛行場で行われ、無人航空機の同時飛行パフォーマンスの記録としてギネスに... 続きを読む

Yuneec 、Intel社衝突回避システムを実装Typhoon Hを発表!:CES2016

トップシェアのDJI社に対抗すべく、Yuneec社は新しい製品を披露した。それがCES2016で発表された「Typhoon H」である。同社の投資先であり協業しているIntel社C... 続きを読む

DJIが新たなジオフェンシングシステムのパブリックベータ版を公開:CES2016

DJI(深圳)が、新たなジオフェンシングシステムのパブリックベータ版を北アメリカとヨーロッパでローンチした。CESでも少しだけ公開されていた。 Geospatial Envi... 続きを読む