ドローンドック搭載のRinspeed etosに今年のCESのテーマが凝縮されている!:CES2016

2016-01-08 掲載

スイスのRinspeed社は、CES2016(コンシューマ・エレクトロニクス展示会)にて、ドローンとドッキングした自動運転車「etos」を発表した。このRinspeed社が来年ネバダ州ラスベガスで開かれるCES2016にて初海外での発表を行った。2016年に公開される「etos」は、Rinspeed社が作製した自動運転車の進化形である。自動運転中は、ハンドル自体を折りたたんでダッシュボードの中に収納してしまう。

etos_09

また、自動モードの一部として、運転席と助手席両方の湾曲ワイドスクリーンを近づかせ、装着することで一つのセンターピースとし、エンターテインメントシステムを作り上げている。このシステムデザインはHarman社が担当した。

etos_02

車内インテリアは、自動運転中のUIを含めまさしくIoTがなせる仕上がりである。最もその興味をひきつける特徴は外観にある。Etosは、ドローン離着陸ポートを有しており、ドローンの離着陸が可能だ。ドローンはハイテクな個人アシスタントとなる。Etosが自動運転中に、ドローンは他のタスク、たとえば忘れ物を拾ってあなたの元へ届けるなど、まさに個人アシスタントとして稼働する。さらに、ドローンがあなたの運転を様々な角度・観点から録画し、配信することもできる。

etos_07

etosに盛り込まれたコンセプト、サイドミラーレス、自動運転、ドローン、IoTと今年のCESのテーマが詰まったようなコンセプトカーである。早く実際に乗車して楽しみたい物である。

RinSpeed etos
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Yiテクノロジー、カーボンファイバー筐体の空撮ドローンと4K60pアクションカメラを発表 [CES2017]

Yiテクノロジー(Yi)は、カーボンファイバー筐体のスマートドローンErida(エリーダ)と、本ドローンにマウントできる新アクションカメラを、CESにて参考展示する(ブースNo.4... 続きを読む

次の担い手になるか?JIYI新型ドローンと小型ジンバルを展示:CES2016

今年のCESでは、ドローンは、一つのテーマとして多いに注目を集めていた。DJIやParrotそしてYUNEECなど数多くのメジャーメーカが出店する中、次世代のドローンメーカーの展示... 続きを読む

進化するSOLOとその周辺。3DRがアップデートした内容とは?:CES2016

3DR社は、CES2016会場にはブースを出していなかったが、各協力会社のブースにて展示協力していた。そこでもCES2016での発表が幾つかあったので取り上げてみたい。そう3DRの... 続きを読む

インテルの「Drone 100」プロジェクトがギネス記録を樹立:CES2016

インテルの「Drone 100」プロジェクトがギネス記録を樹立した。このプロジェクトはドイツ、ハンブルク付近の飛行場で行われ、無人航空機の同時飛行パフォーマンスの記録としてギネスに... 続きを読む

Yuneec 、Intel社衝突回避システムを実装Typhoon Hを発表!:CES2016

トップシェアのDJI社に対抗すべく、Yuneec社は新しい製品を披露した。それがCES2016で発表された「Typhoon H」である。同社の投資先であり協業しているIntel社C... 続きを読む