DJIが新たなジオフェンシングシステムのパブリックベータ版を公開:CES2016

2016-01-18 掲載

DJI(深圳)が、新たなジオフェンシングシステムのパブリックベータ版を北アメリカヨーロッパでローンチした。CESでも少しだけ公開されていた。

Geospatial Environment Online(GEO)と名付けられた新システムは、飛行が規制されている区域や、安全及びセキュリティー上の注意を喚起すべく、位置情報に基づいた最新のガイダンスをドローンユーザーへ提供する。DJIの現在のジオフェンシングシステムにメジャーアップデートを加えた同システムは、山火事、スタジアムイベント、VIPの移動等といった臨時的な事態によって一時的に規制されている区域についてのリアルタイムな情報を提供することができる。他にも、刑務所、発電所等といった航空関連以外の問題が生じうるセンシティブなエリアも表示する。

既に認可されている数々のアプリケーションに対応するために、GEOはいくつかの区域に限り、認証済みのDJIアカウントを持っている操縦者が自ら認可しフライト規制を解除することができるようになっている。但し、ワシントンDC等の、ドローン飛行が禁じられている区域は引き続き解除することのできない飛行禁止区域となる。規制の解除には、クレジットカード、デビットカード、または携帯電話番号で認証されたDJIアカウントが必要となる。DJIはこれらの情報を保管または収集することはなく、サービスの利用も無料である。

なおこの認証済みアカウントは、航空安全上の問題やセキュリティー上の問題が生じうる区域を飛行する際にのみ必要となる。GEOを利用するためには、ドローンのファームウェアのアップデートとDJI Goアプリのベータバージョンのインストールを行う必要がある。

AndroidユーザーはAPKファイルをhttp://bit.ly/1PyIVIAから直接ダウンロードできるようになっている。iOSユーザーは[flysafe@dji.com]にEメールアドレスを送ることでベータ版アプリのダウンロードを申請することができる。DJIは、同システムをベータ版で短期間運営した後に、GEOの最終バージョンをリリースする予定であるという。

今回のGEOパブリックベータ版は、DJIのPhantom 3及びInspire 1ドローンの両方で使うことができ、各デバイスの専用のバージョンは、ここからダウンロードすることができる。

その他の質問については、DJIのPolicy and Legal Affairsの副代表Brendan Schulman [Brendan.Schulman@dji.com]またはGlobal Director of CommunicationのAdam Najberg [Adam.Najberg@dji.com] まで問い合わせればよい、とのことである。

DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI SPARKが国内デリバリーは6月中旬から!日本発表会詳細レポート

空撮するドローンからもっと身近な距離感の存在に 米国時間5月24日午前11時半(日本時間5月25日午前0時半)にニューヨークのグランドセントラル駅のイベント会場で発表された、... 続きを読む

DJIマイケル・ペリー氏が語るSPARKのある日常とは?

SPARKの存在はドローン業界に何をもたらすのか? 5月24日DJI新製品SPARKの発表会にて登壇後、興奮冷めやらぬ中、我々編集部は戦略パートナーシップ部門ディレクター... 続きを読む

ケイシー・ナイスタットも発表会に参加。SPARKを絶賛!

5月24日DJI SPARK発表会にて直撃 今回の新製品発表会には報道陣の他にもVloger(ビデオブロガー)やYouTuberも多く招待されたいた。日本でも知る人ぞ知るCa... 続きを読む

DJI、SPARK登場!DJI史上最小のボディーと最上級機能ドローンがやって来た!!

いよいよ発表、最新機種SPARKの真価は?ニューヨークマンハッタンの玄関口グランド・セントラル・ステーション構内で開催。お隣はAppleストア 北米時間現地5月24日11時半... 続きを読む

DJI、家族や友達と楽しめる体験型ポップアップイベントを開催。あの新製品に触れるチャンス?!

DJI JAPAN株式会社は、2017年5月27日と28日の二日間、同社ドローン飛行と空撮セルフィーを体験できるポップアップイベントを開催する。会場は、みなとみらい横浜ランドマーク... 続きを読む