DJIが新たなジオフェンシングシステムのパブリックベータ版を公開:CES2016

2016-01-18 掲載

DJI(深圳)が、新たなジオフェンシングシステムのパブリックベータ版を北アメリカヨーロッパでローンチした。CESでも少しだけ公開されていた。

Geospatial Environment Online(GEO)と名付けられた新システムは、飛行が規制されている区域や、安全及びセキュリティー上の注意を喚起すべく、位置情報に基づいた最新のガイダンスをドローンユーザーへ提供する。DJIの現在のジオフェンシングシステムにメジャーアップデートを加えた同システムは、山火事、スタジアムイベント、VIPの移動等といった臨時的な事態によって一時的に規制されている区域についてのリアルタイムな情報を提供することができる。他にも、刑務所、発電所等といった航空関連以外の問題が生じうるセンシティブなエリアも表示する。

既に認可されている数々のアプリケーションに対応するために、GEOはいくつかの区域に限り、認証済みのDJIアカウントを持っている操縦者が自ら認可しフライト規制を解除することができるようになっている。但し、ワシントンDC等の、ドローン飛行が禁じられている区域は引き続き解除することのできない飛行禁止区域となる。規制の解除には、クレジットカード、デビットカード、または携帯電話番号で認証されたDJIアカウントが必要となる。DJIはこれらの情報を保管または収集することはなく、サービスの利用も無料である。

なおこの認証済みアカウントは、航空安全上の問題やセキュリティー上の問題が生じうる区域を飛行する際にのみ必要となる。GEOを利用するためには、ドローンのファームウェアのアップデートとDJI Goアプリのベータバージョンのインストールを行う必要がある。

AndroidユーザーはAPKファイルをhttp://bit.ly/1PyIVIAから直接ダウンロードできるようになっている。iOSユーザーは[flysafe@dji.com]にEメールアドレスを送ることでベータ版アプリのダウンロードを申請することができる。DJIは、同システムをベータ版で短期間運営した後に、GEOの最終バージョンをリリースする予定であるという。

今回のGEOパブリックベータ版は、DJIのPhantom 3及びInspire 1ドローンの両方で使うことができ、各デバイスの専用のバージョンは、ここからダウンロードすることができる。

その他の質問については、DJIのPolicy and Legal Affairsの副代表Brendan Schulman [Brendan.Schulman@dji.com]またはGlobal Director of CommunicationのAdam Najberg [Adam.Najberg@dji.com] まで問い合わせればよい、とのことである。

DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が... 続きを読む

DJI Phantom4用の救援リグアクセサリ「EXO 1」

「EXO 1」はDJI Phantom 4用の軽量な後付けリグであり、救援チームの捜索をサポートするためにデザインされている。EXO 1の主な特長は以下の通り。 工具を必... 続きを読む

DJI、「Phantom4中国・春節エディション」を発売 [CES2017]

DJIは、中国の春節を祝して、イラストレーターでデザイナーのMartin Sati氏がデザインした「Phantom4 中国・春節エディション」をApple Storeにて販売し、1... 続きを読む

DJI、超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表 [CES2017]

DJIは、屋外での空撮用に設計された超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表した。日本国内での販売価格と発送時期は後日発表予定。 CrystalSk... 続きを読む

DJI、「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を発売 [CES2017]

DJIは、ラスベガスで開催されている「CES 2017」において「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を1月下旬に出荷開始する。希望小売価格は、... 続きを読む