ニホンジカ等の生息調査にもドローン有効活用、DJI、大日本猟友会、スカイシーカーが協同

2016-04-30 掲載

大日本猟友会は、DJI JAPAN株式会社と株式会社スカイシーカーと協同でドローンを活用しニホンジカ等の野生鳥獣の生息調査等を行っていくことを発表、東京都千代田区の大日本猟友会にて調印式が行われた。

現在ニホンジカ等の生息調査は、生体の捕獲数や一定の場所での目視、糞の確認数などから推計しており、その個体数推計は188万頭〜358万頭(環境省2012年ニホンジカの個体推計数調査、90%信用区間)と大きな幅がある。そこにドローンに搭載した赤外線サーモグラフィカメラや画像解析技術を利用し、高精度の生息調査を行っていく。

redlinecam 通常のカメラ(左)と赤外線カメラ(右)、赤い囲みに鹿がいることが確認される SONY DSC

ドローンはMatrice100をベースに自動航行システムを開発、3Dマップ上に打ったポイントへドローンが自律航行し、任意の場所で手動航行に切り替えるなどして詳しい調査を行う。

SONY DSC 赤外線サーモグラフィーカメラを搭載したMatrice100

調査はドローンで上空から撮影した映像から画像解析技術によりニホンジカを判別できるシステムを開発し、正確な生息数把握に活用する。また、サーモグラフィーカメラにより草陰などにいる動物もカウント可能になる。まずは、気温が下がる秋以降に実証実験を開始し、環境省等への提案を目指す。

SONY DSC

各県から若手に代表者を選出し先日東京都あきる野市に開校したスカイシーカーが運営するドローン技術者養成プログラムへ参加、ドローン技術者の養成を図っていく

とシステム面だけはなく、人材育成にも力を入れていく方針を大日本猟友会の佐々木洋平会長は話した。

SONY DSC 会場ではサーモグラフィーカメラでデモも行われた
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、インターネットデータ転送なしで飛行可能な「ローカルデータモード」を開発。データのプライバシー保護を強化

DJIの発表によると、機密性の高い政府や企業顧客向けに、データのプライバシー保護を強化するため、操縦アプリからインターネット通信を停止できるローカルデータモードを開発しているという... 続きを読む

DJI、Roger Luo氏が新たにプレジデントに就任

DJIの発表によると、事業部門のバイスプレジデントを務めるRoger Luo氏が、新たにプレジデントに就任したという。創設者のFrank Wang氏は、CEOとして、DJIの製品開... 続きを読む

学生エンジニア達の熱い戦いが閉幕。広州の華南理工大学が「ROBOMASTER 2017」で200チームの頂点に

DJIが主催するロボットコンテンスト「ROBOMASTER 2017」が2017年8月6日(日)に閉幕した。200を超える世界中のチームから約7,000人の学生エンジニアが参加し、... 続きを読む

システムファイブ、「DJIドローン飛行申請サポートセミナー」を8月9日に開催。開催迫る!

株式会社システムファイブは、2017年8月9日(水)に「DJIドローン 飛行申請サポートセミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム。協力はDJI ... 続きを読む

DJI、ピカチュウと一緒に空撮が可能な「ピカチュウ フォトスタジオSHOT ON DJI SPARK」を開催

オリジナルピカチュウSPARKイメージ DJIJAPAN株式会社は、2017年8月9日(水)から15日(火)の期間中、株式会社ポケモンが開催する街型イベント「ピカチュウだけじ... 続きを読む