ドローン付きスマホケースAirSelfieついに現る

2016-11-21 掲載

ここのところドローンのトレンドは小型化したセルフィードローンだ。コントローラーであるスマホをドローン化してしまう製品も幾つか見られたが、今回はスマホケース内蔵可能なドローンの紹介である。

AirSelfieはスマホケースに収納可能なドローン。 AndroidまたはiOSアプリを使って操縦し、セルフィーが行える。本体はアルミ製でサイズは9.5×6.7×1cm、 最大で20mの上昇、30分の飛行が可能で様々なセルフィー撮影が行える。

さらにAirSelfie本体は、このスマホケースからの充電可能である。飛行モードは、自撮りに適した「Selfie」モードと「Selfie Motion Control」モードに加え、自由度が高い「Flying」モードの3種類。自動ホバリングがどれだけ安定しているかは不明。期待が軽量な分、屋外での撮影には特に気になるところだ。ケースに挿入可能なスマートフォンはiPhone6、iPhone6s、iPhone7、iPhone7Plus、Google Pixel、HuaweiP9など現行機種を網羅している。

Kickstarterではまだバッカーを募集中だが、すでに目標金額4万5000ユーロを大きく上回る約6万6000ユーロの資金を集めている。来年2月以降に出荷が始まる予定だ。

▶︎AIR selfie
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

あのドローン付iPhoneケースAirSelfieが現実化!日本でも販売か?[CES2017]

やはりドローンのトレンドはセルフィードローンと言えるだろう。先日紹介したドローン付iPhoneケースAirSelfieがCES2017に参戦していたのでブースを直撃した。気になるの... 続きを読む

ドローンで地雷を駆除。Mine Kafonプロジェクトが目指すもの

この時代に「地雷」と聞くと私たちには無縁のもので、戦争が起こっていない国であれば全く心配する必要のないものかと感じる人もいるかもしれない。モザンビーク独立戦争後、戦争が終わったにも... 続きを読む

ドローンが無くても簡単空撮を!Birdie登場

もしDIDエリア(ドローン飛行禁止区域地図)で空撮したいなら…? このBirdieをオススメ!GoProのようなアクションカム用擬似空撮アクセサリーだ。。Birdie(Bir... 続きを読む

Lilyより先行?セルフィードローン「KIMON」登場

中国の湖南省に拠点を置くKeyshare Information Technologyが、かつてクラウドファンディングのプロジェクトだったセルフィードローン「KIMON」を、中国の... 続きを読む

アメンボドローン!フロートシステム「WaterStrider」登場

ドローン操縦者なら海上や湖上でドローンでドローンを飛ばす時に水没しないかとハラハラした経験があるのではないでだろうか。ドローンスタートアップのDroneRaftsは軽量型のフロート... 続きを読む