DJI、上海に世界で4店舗目の旗艦店をオープン

2016-12-10 掲載

DJIは2016年12月10日土曜日の正午(現地時間)、上海の中でもショッピングやレストラン、エンターテインメントなどで賑わう新天地の中心に、同社4店舗目となる旗艦店をオープンする。上海旗艦店は2フロア、500m2で、Mavic Pro、Phantom 4 ProやInspire 2などの体験が可能だ。DJIの副社長Paul Xu氏は次のようにコメントしている。

Paul Xu氏:DJIは、これまで想像力や創造性を発揮でき、革新性を追求する製品を提供してきました。創業10周年を迎える2016年は、DJIにとって節目の年です。DJIは、プロカメラマンや映像制作者へクリエイティビティのさらなる可能性をもたらし、愛好家をはじめとする皆様には、フライトをもっと身近に感じ、楽しくワクワクできるような製品を提供してきました。

旗艦店は、発見し、学び、ひらめきをもたらす重要な体験の場です。この新しい上海の旗艦店をオープンすることで、今後もより多くの人々に、DJIの空撮技術を実際に体験していただく機会を提供してまいります。

161209_sub3

上海旗艦店の1階は、ドローンのフライトデモを行う20m2のフライトケージを設置。フライトケージは、店舗に面する通りからも見ることができる。また、1階にはテクニカルセンターとDJI Storyのコーナーを設置。曲面のプロジェクションスクリーン上で製品事例やDJI Storyを紹介する。2階のSkyPixelギャラリーでは、世界中の写真家による空撮写真を展示。ワークショップや写真セミナー、特別イベント専用のスペースも設備されている。

161209_sub2

オープン初日には、対象商品を購入した先着300名を対象とした特別割引や、先着100名に限定DJI Tシャツがプレゼントされる。他にもフライトシュミレーターやVRゴーグルが用意される。オープン当日イベントの詳細は同社Webページより。

▶︎DJI上海
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が... 続きを読む

DJI Phantom4用の救援リグアクセサリ「EXO 1」

「EXO 1」はDJI Phantom 4用の軽量な後付けリグであり、救援チームの捜索をサポートするためにデザインされている。EXO 1の主な特長は以下の通り。 工具を必... 続きを読む

DJI、「Phantom4中国・春節エディション」を発売 [CES2017]

DJIは、中国の春節を祝して、イラストレーターでデザイナーのMartin Sati氏がデザインした「Phantom4 中国・春節エディション」をApple Storeにて販売し、1... 続きを読む

DJI、超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表 [CES2017]

DJIは、屋外での空撮用に設計された超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表した。日本国内での販売価格と発送時期は後日発表予定。 CrystalSk... 続きを読む

DJI、「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を発売 [CES2017]

DJIは、ラスベガスで開催されている「CES 2017」において「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を1月下旬に出荷開始する。希望小売価格は、... 続きを読む