ドローンの要フライトコントローラー「DJI N3」が評判

2016-12-22 掲載

つい最近リリースされたDJI NAZAシリーズ「N3フライトコントローラー」の評判が高い。多くのドローン愛好家や産業用アプリケーションに対応するように作られている飛行制御アルゴリズムは、プロフェッショナルな安定性を提供し、幅広い産業用ドローンおよびDIYドローンの制御が可能だ。今回はそんなドローン要、「DJI N3」フライトコントローラーを紹介しよう

N3のフライトコントローラーは、DJIのIntelligent ESC、DJI GO、Lightbridge 2、Datalink Pro、iOSDなどと互換性を持っている。また、N3フライトコントローラーはDJIのZenmuseシリーズのジンバル、カメラと統合することで、多数の飛行アプリケーションへの迅速なアクセスが可能である。また、DJI Assistant 2とも互換性があり、多数の産業アプリケーションに対応する。さらにN3は、DJIのオンボードおよびMobile SDKによって、カスタムソフトウェアソリューションを、迅速かつ簡単に作成できる。

N3は、デュアルIMUによって高い冗長性を持っているため、N3の飛行制御アルゴリズムが飛行中にIMUの故障を検出し、飛行制御と安全を維持しながらバックアップユニットに自動的に切り替えるられる。また、N3が傑出した振動減少システムは、軽量型商業用ドローンからS1000+のような重量型ドローンまで幅広いドローンに対応している。N3はそうしたドローンに、さらに高いパフォーマンスと信頼性を付与する。内蔵の8GBブラックボックスは、ドローンのフライトの詳細を自動的に記録し、リアルタイムで飛行データをモニターしながら微調整が可能。DJI Assistant 2データビューアは、トラブルシューティングと飛行性能の分析を今までにないほど簡単にしてくれる。

デュアルIMUシステムは、A3アップグレードキットを使用して、IMUとGNSS冗長フレームを作成することで、ドローンの安定性と信頼性を高める。そして、外部GNSSまたはIMUユニットの障害を検出し、内部ユニットをシームレスに切り替えて、高いパフォーマンスと安全性を維持できるのだ。N3はカスタムソフトウェアソリューションを容易に作成でき、多くの産業アプリケーションに対応しているため、あらゆるドローンユーザーにとって理想的なツールと言えるだろう。

DJI N3
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

システムファイブ、「DJIドローン飛行申請サポートセミナー」を9月26日に開催

株式会社システムファイブは、2017年9月26日(火)に「DJIドローン 飛行申請サポートセミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム。協力はDJI... 続きを読む

DJI、Roninユーザーを対象に「Ronin 2」への移行を支援する「ロイヤリティプログラム」を発表

DJIは、3軸カメラスタビライザーシステム「DJI Ronin」ユーザーを対象とした「DJI Ronin 2」への移行支援プログラム「ロイヤリティプログラム」を発表した。 R... 続きを読む

DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催

Photo By:DJI DJIは、2017年9月5日(火)~10月31(火)までの期間中、米・ナショナルジオグラフィック社と共同で、北米地域に在住する方を対象とした空撮写真... 続きを読む

PAUI、DJI MavicおよびSpark用回転球体ガードを発売

PAUI Oasis6 for Mavic PAUI株式会社は、DJI Mavic用の回転球体ガード「PAUI Oasis6 for Mavic」およびDJI Spark用回... 続きを読む

DJI、SkyPixel空撮映像コンテストのグランプリを発表。応募総数約3,000作品

DJIが運営する空撮写真・映像コミュニティーサイト「SkyPixel(スカイピクセル)」は、2017年度の空撮映像コンテストのグランプリと入賞作品を発表した。今年度のコンテストには... 続きを読む