DJI、超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表 [CES2017]

2017-01-04 掲載

DJIは、屋外での空撮用に設計された超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表した。日本国内での販売価格と発送時期は後日発表予定。

170104_dji-crystalsky_prototype

CrystalSkyモニターは、7.85インチと5.5インチの2種類の画面サイズがあり、7.85インチ画面の最大稼働時間は4~5時間、5.5インチ画面の最大稼働時間は5~6時間。7.85インチの場合、最大輝度は2000cd/m2となる。H.264とH.265の動画コーディングに対応しており、ファイルはそれぞれ最大60fpsと30fpsで再生可能。

170104_dji-crystalsky_sdcardslots

CrystalSkyモニターのHDMIポートから、4K動画をFPVゴーグルやその他のディスプレイデバイスに出力可能。ストレージ容量はmicroSDカードにより拡張でき、カードに録画した映像を直接モニターで再生することも可能。さらに、映像のバックアップとして使用することもできるという。

また、DJI GOアプリとシームレスに連携するため、カメラ操作をコントロールでき、機体のパラメーター調整、カメラコントロール、映像の管理や再生等も含めたすべてのDJI GOの機能にアクセスで可能だ。

170104_dji-crystalsky_side

2セルの4920mAh外部バッテリーにより、同等のモバイルデバイスと比べてより長く稼働するとしている。また、急速充電に対応し、低温環境下でも放電率を完全にコントロールする。外部バッテリーは、極端な温度環境を想定して設計されており、最低-20℃から運用可能で、最高40℃でも内部の冷却システムにより通常通り機能するとしている。

▶︎CrystalSkyモニター
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Autel Robotics、KestrelシステムをCES2017で発表 [CES2017]

ドローンメーカーのAutel Roboticsが垂直離着陸(VTOL)のKestrelを2017年にローンチすると発表した。Autel Robotics USAはワシントン州ボセル... 続きを読む

DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が... 続きを読む

Keyshare Technology「Kimon」セルフィードローン、アメリカ市場で発売へ[CES2017]

今、セルフィードローンの市場が熱い。YuneecのBreeze、ZEROTECHのDOBBYがその代表だ。そしてKeyshare Technologyの「Kimon」がついにアメリ... 続きを読む

Ambarella、ドローン用に8K/30pを実現するH3チップ発表 [CES2017]

Ambarellaは、CES 2017で2つの新しいチップの発表を行った。そのチップとはドローンのカムアクションに関するものだ。まず、映像撮影の際に4K/60fpsを可能にするH2... 続きを読む

GoPro KArMA、2017再ローンチ? 今度こそと願うばかり![CES2017]

アクションカメラ業界の巨人は、クラッシュが相次ぎ、2016年末にリコールとなったKArMAドローンが年内に再ローンチとなると発表した。まだ正確な日程は発表されていないが、同社は2月... 続きを読む