DJI、「Phantom4中国・春節エディション」を発売 [CES2017]

2017-01-04 掲載

DJIは、中国の春節を祝して、イラストレーターでデザイナーのMartin Sati氏がデザインした「Phantom4 中国・春節エディション」をApple Storeにて販売し、1月23日以降出荷開始する。希望小売価格は税込149,040円。

170104_phantom-4-cny-limited-edition

Phantom4 中国・春節エディションは、土、火、水、風の自然の4元素からインスピレーションを得ており、機体中央には中国の神話に登場する幸運と幸せの象徴であるフェニックスが描かれている。

また、Phantom4と同様に4K動画撮影が可能。映像伝送技術「Lightbridge」を搭載しており、機体が捉える映像をHD画質でリアルタイムで見ることができる。最大伝送距離は約3.5kmで、最大28分の飛行が可能。

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Autel Robotics、KestrelシステムをCES2017で発表 [CES2017]

ドローンメーカーのAutel Roboticsが垂直離着陸(VTOL)のKestrelを2017年にローンチすると発表した。Autel Robotics USAはワシントン州ボセル... 続きを読む

DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が... 続きを読む

Keyshare Technology「Kimon」セルフィードローン、アメリカ市場で発売へ[CES2017]

今、セルフィードローンの市場が熱い。YuneecのBreeze、ZEROTECHのDOBBYがその代表だ。そしてKeyshare Technologyの「Kimon」がついにアメリ... 続きを読む

Ambarella、ドローン用に8K/30pを実現するH3チップ発表 [CES2017]

Ambarellaは、CES 2017で2つの新しいチップの発表を行った。そのチップとはドローンのカムアクションに関するものだ。まず、映像撮影の際に4K/60fpsを可能にするH2... 続きを読む

GoPro KArMA、2017再ローンチ? 今度こそと願うばかり![CES2017]

アクションカメラ業界の巨人は、クラッシュが相次ぎ、2016年末にリコールとなったKArMAドローンが年内に再ローンチとなると発表した。まだ正確な日程は発表されていないが、同社は2月... 続きを読む