DJI、「Phantom4中国・春節エディション」を発売 [CES2017]

2017-01-04 掲載

DJIは、中国の春節を祝して、イラストレーターでデザイナーのMartin Sati氏がデザインした「Phantom4 中国・春節エディション」をApple Storeにて販売し、1月23日以降出荷開始する。希望小売価格は税込149,040円。

170104_phantom-4-cny-limited-edition

Phantom4 中国・春節エディションは、土、火、水、風の自然の4元素からインスピレーションを得ており、機体中央には中国の神話に登場する幸運と幸せの象徴であるフェニックスが描かれている。

また、Phantom4と同様に4K動画撮影が可能。映像伝送技術「Lightbridge」を搭載しており、機体が捉える映像をHD画質でリアルタイムで見ることができる。最大伝送距離は約3.5kmで、最大28分の飛行が可能。

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、次の一手は、アニメ制作I?「ROBOMASTERS THE ANIMATED SERIES」詳細発表

DJIが、アニメに挑戦する?日中共同製作による新作アニメ―ション『ROBOMASTERS THE ANIMATED SERIES』がまも無く陽の目を見そうだ。タッグを組んだのは、ア... 続きを読む

DJI、Team DJIを掲げ、多くの協業を提案。[Japan Drone 2017]

産業用ドローン元年に備えるDJI 異彩を放つデュアルジンバルを搭載したMATRICE 210 DJIは単独でフライトケージを設けるなど、今回の出展者の中で最も大きな... 続きを読む

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催。最優秀賞にはMavic ProとOsmo Mobileを!

DJI JAPAN株式会社は、2017年4月1日~30日までの期間中、同社製品を使用した空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催する。 同コンテストは、春... 続きを読む

[深圳ドローン紀行]Vol.04 DJI本社直撃再び。これまでの10年、これからの10年

2年で状況は大きく変化した 日本のメディアとして初めて単独で深圳DJI本社に乗り込んだのがちょうど2年前である。当時は、ドローン元年と言われ各社鎬を削る状況であった。月日は流れ去... 続きを読む

DJI、「Japan Drone 2017」出展概要を発表。産業用ドローン「MATRICE 200シリーズ」を国内初出展

MATRICE 200シリーズ DJI JAPAN株式会社は、2017年3月23日から25日の期間中に千葉・幕張メッセにて開催される「Japan Drone 2017」に出展... 続きを読む