Googleの親会社が太陽光発電ドローンプロジェクト中止へ

2017-02-01 掲載

Googleの親会社であるAlphabetは世界中の遠隔地でインターネットアクセスを可能にするために設計された太陽光発電ドローンプログラム「Titan」を中止させるようだ。

関係者の報告によれば、今回の方針は壮大過ぎるプロジェクトを削減していくという同社の取り組みの一例だという。また、今後は同様のコンセプトであるGoogleのバルーンプロジェクト「Loon」に注力していくという情報も入っている。

■Project Loon

専門家は、今回のTitanの急な中止はAlphabetのCFOであるRuth Porat氏のプロジェクト削減方針が絡んでいるのではないかと見ている。同社の厳しい財政規律によって、長期計画の壮大なプロジェクトはだいぶ制限されてくるようだ。Googleは2014年に、太陽光発電ドローンのメーカーであるTitan Aerospaceを買収していた。

またAlphabetは、衛星画像サービスのTerra Bellaと、ロボットメーカーのBoston Dynamicsを売却する計画も発表している。さらに無人運転プロジェクトを独立させたことも話題を呼んだ。

Titanプロジェクトの中止とAlphabetの財布の紐のきつさによって、ドローンシステムを使った空の覇者は、FacebookとAmazonに移ってしまうかもしれない。Facebookが構想するAquilaシステムは、ドローンを使って世界中の遠隔地にインターネットサービスを提供するTitanに似たプロジェクトで、昨年の夏にテストを開始している。長期的にそれ実行可能にするためにはドロー ンを軽量化する必要があるが、非常に期待されているプロジェクトだ。

▶︎Alphabet
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

会議はドローンとともに。Google社の最新特許技術とは会議用ドローン?!

ドローンという機材が開発されて一番イノベーティブだと思われるのは、やはりテレプレゼンス(遠隔地のメンバーとその場で対面しているかのような臨場感を提供する技術)が実現し得るということ... 続きを読む

Googleの親会社Alphabet、宅配ドローンを試験的にスタート

Google Project Wing drone delivery projectGoogle FAAアメリカ連邦航空局(Federal Aviation Admini... 続きを読む

ドローンは命を救えるか。Google発救命ドローンの仕組みとは。 

もし、あなたが公園にいて、急に人が心臓発作で倒れたらあなたはどうするだろうか。恐らく119番通報する、というのが大多数であろうが、救急車が到着する頃にはもう手遅れ、といったケースも... 続きを読む

ドローン市場におけるM&A、2011年から現在まで

「2016年注目ドローン企業!VCから投資を受けているドローン企業TOP20」に引き続き、今回はここ数年のドローン市場におけるM&Aの動きを見ていこう。今回もDrone Indus... 続きを読む

グーグルによるドローン配達システム、最新の特許申請許可に明示

グーグルが昨年10月に特許申請をした「Automated Package Delivery To A Delivery Receptacle(配達レセプタクルを使った自動化小包配達... 続きを読む