スカイリンクジャパン、DJIのハイパワー汎用産業機Wind 2が初公開 [第3回国際ドローン展2017]

2017-04-20 掲載

会場の入り口付近にブースを設置していた、DJIの輸入代理店であるスカイリンクジャパンは、農薬散布用のAGRAS MG-1をはじめ、DJIの最新ドローンを展示。また、同社が扱っている空撮用カメラPhase OneをDJIのMATRICE600に搭載して展示していた。

先のJapan Drone 2017のDJIブースで参考出品となっていた、MG-1のコンポーネントを使用した災害対策ドローン。その量産品とも言うべきモデルが汎用産業機のWind 2だ。やはりMG-1の主要部分を使いながらクワッドコプターに仕立ててある。ローターはMG-1と共通で2.2kgという大きなペイロードを実現。

さらにMG-1と同じバッテリーを使用するため、カメラなどがなければ、 最大で40分という長時間の飛行が可能だ。機体下部にはさまざまなカメラが搭載可能で、スカイリンクジャパンの展示機はZenmuse X3を搭載していた。MG-1とバッテリーを共用できるため、MG-1ユーザーからの引き合いがあるという。

MATRICE600+RONIN-MXに搭載された、Phase Oneの空撮用カメラiXU1000。1億画素という圧倒的な画素数で、構造物のクラックを見つけたり、高精細な測量写真の撮影が可能。

SkyLink Japan

関連する記事

DJI、フルHD搭載FPVゴーグルDJI Gogglesを発表 [NAB2017]

DJIは、一人称視点(First Person View。以下:FPV)のフルHD搭載FPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表した。2017年5月20日以降の出荷を予定してお... 続きを読む

DJI、高輝度スクリーン「CrystalSky」シリーズ3種類を発表 [NAB2017]

DJIは、最大輝度2000cd/m2のスクリーンを搭載したモニター「CrystalSky」3種類を発表した。各サイズの価格と発売時期は以下の通り。 5.5インチ(1000... 続きを読む

広島大学、ドローンの姿勢を乱さない無反動ロボットアーム [第3回国際ドローン展2017]

革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ ハイリスク・ハイインパクトな研究開発を促進するプログラムに参加している広島大学の研究チームが出展し... 続きを読む

TIアサヒ、PENTAXブランドが結集した測量用ドローンとカメラを展示 [第3回国際ドローン展2017]

Matrice 600 ProベースのUAV・レーザー測量システム PENTAXブランドを掲げる測量機器メーカーであるTIアサヒは、カラー点群データが得られるUAV・レーザー... 続きを読む

KEVA、広い範囲の地図作成に最適な固定翼ドローン [第3回国際ドローン展2017]

今回、日本で初お目見えとなったのが、韓国のドローンメーカー、ケバドローンの固定翼ドローン「KD-2 Mapper」だ。主翼幅約1.8mの機体は発泡ポリプロピレン製で、重量はバッテリ... 続きを読む