ドローンの活用の可能性を広げ、人材育成を目的とした「ドローンテクニカルチャレンジin秋田県仙北市」が開催

2017-07-12 掲載

2017年7月22・23日、秋田県仙北市にて「第1回ドローンテクニカルチャレンジin秋田県仙北市」が開催される。

ドローンテクニカルチャレンジは、模擬的に作られた空間において、ドローンの操縦技術を競い、イベントを通じて新規参入者の知識の啓蒙・人材の育成を行うもので、第1回目は熊による被害が後を絶たない秋田県仙北市で、その現場を想定したドローンでの捜索・救助活動がミッションとなる。

同イベントは、自然災害・遭難などの非常時に迅速、的確かつ安全にドローンを操縦する技術を競い高めることにより、災害現場における生命の確保やドローンの活用の可能性を広ていくという。また、参加者は学生と初心者(運用暦2年未満)を対象とし、同イベントを通じて人材教育に努めていくとしている。

競技コース図

競技は、学生部門は学生のみで構成されるチーム対抗戦で、一般部門はドローン運用歴2年未満のユーザーによる個人戦で競い、優勝賞品にはParrot MamboやDJI Spark Fly Moreコンボが用意される。イベントの詳細や参加申し込みは同社イベントページより。

第1回ドローンテクニカルチャレンジin秋田県仙北市
日時
2017年7月22日(土)10:00~17:00
公式練習日・学生部門競技実施日
2017年7月23日(日)9:00~15:00
一般部門競技実施日
場所
〒014-1201
秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野73-75
田沢湖スポーツセンター体育館
※宿泊をご希望の方は田沢湖スポーツセンターへ直接お問い合わせください
来場予定者数
200名(競技参加者40名、観覧者160名)
優勝賞品
学生部門:Parrot Mambo(1人1機)
一般部門:DJI Spark Fly Moreコンボ(アルペンホワイト)
参加資格
学生部門:学生のみで構成されるチーム対抗戦。
  • 1校1チームのエントリーとし、原則5名で構成すること
  • 使用機体はDJI Phantom3 professional(実行委員会より貸出)
一般部門:ドローン運用歴2年未満の個人戦。
  • 使用機体は各自持参(機体損傷に備え、保険加入をおすすめします)
定員・参加費
学生部門:4チーム/無料※受付終了
一般部門:20名/5,000円※若干名募集中
※仙北市民枠(無料)5名。ただし応募多数の場合は抽選
▶︎ドローンテクニカルチャレンジin秋田県仙北市

関連する記事

「ドローン×鉄道」由利高原鉄道の貸切列車でドロンソンを開催!

株式会社skyerは、2017年7月8日に、参加者同士がチームとなりドローンの利活用方法を考えるイベント「第7回ドロンソン」を、秋田県・由利高原鉄道にて開催する。 ドロンソン... 続きを読む

ドローンデパートメント、skyerと共同でドローンパイロットスクール「ドローンの学校」を開校

Photo by PIXTA ドローンデパートメント株式会社と株式会社skyerは、2017年4月29日に宮城県仙台市にて、JUIDA認定カリキュラムに独自カリキュラムをプラ... 続きを読む

skyer、「第3回ドロンソン」を東京都内で開催。テーマは「ドローン×仙北市」

株式会社skyerは、2017年2月25日(土)にドローンの利活用方法を考える「第3回ドロンソン」を、東京都内ドローン練習場LIONS FACILITYにて開催する。詳細情報の確認... 続きを読む

skyer、ドローンの利活用方法を考える「第2回ドロンソン」を秋田市で開催

株式会社skyerは、2017年1月21日(土)に「第2回ドロンソン」を秋田市で開催する。当日は、入場無料のドローン操縦体験会ブースを設置するほか、参加者同士がチームとなり、ドロー... 続きを読む

フジテレビ「ドローンインパクトチャレンジ アジアカップ2016 秋田県仙北市」放送決定

株式会社フジテレビジョンは、7月29日(金)~31日(日)の3日間、秋田県仙北市ホテル森の風田沢湖にて開催されるドローンレース世界初のアジアカップ「ドローンインパクトチャレンジアジ... 続きを読む