DJI次の一手はFPV?噂が広まる新製品の数々。秋のドローン収穫祭前夜 [InterDrone2016]

2016-09-08 掲載
設営が進むInterDroneの会場から。Yuneec、Parrot、PRODRONEなど御馴染みのドローン企業が立ち並ぶ

9月7日からラスベガスで始まるドローン展示会 InterDrone2016でも多くのドローン新製品リリースが予想される。そう秋のドローン収穫祭の始まりなのである。

kitai_top

InterDroneを皮切りに9月19日にはGoPro社の「KArMA」がお披露目される。さらに9月23日のホビーショーでは、京商がホイールコントローラーで操作し、地上35cmの地面すれすれを滑空するDRONE RACERを発表する。コレまで中型大型機を展開して来たYuneecもここに来て小型機Breeze4Kを発表した。同じく小型セルフィードローンを牽引するZeroTech「Dobby」やCES2016でお披露目されたParrot「DISCO」やXwing型新ドローン「Swing」等の国内販売もそろそろ始まるだろう。

そして噂レベルだが、Inspire2がInterDroneでリリースされるのでは?と会期が前日に思いを張り巡らせるが、その情報量に正直追いつかない程だ。InterDroneで何が出て来てもいいように情報を整理していた所。海外のファンサイトやスニークサイトで何やら気になる情報が…。

DJIMavic img source heliguy.com   あくまでも噂…果たしてその真相は?

どうやらDJIから近く大きく発表されるのはFPVの機体ではないかと噂されている。イギリスのDJIディラーであるheliguy.comによると、8月15日にDJIが、商標登録出願に”DJI Mavic”を出願したと言う。DJI Mavicの予想スペックは、300メートルOFDMデジタルのWi-Fiリンク、2軸ジンバルを持つ4Kカメラ、Phantom4ファントム4の半分の重量だという。

DJIは、エントリーレベルのドローン愛好家をターゲットにしていることを意味するかもしれない。といろいろ情報が見え隠れするが全て正式アナウンスではなく、我々ドローンファンの憶測に過ぎない。しかし注目のドローンレースにDJIも参戦すれば、ますますドローン業界が盛り上がる事必至ではある。まずは口火を切るInterDrone2016を編集部も追いかけて行こうと思う。未来はそこに…。

InterDrone2016

関連する記事

DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が... 続きを読む

DJI Phantom4用の救援リグアクセサリ「EXO 1」

「EXO 1」はDJI Phantom 4用の軽量な後付けリグであり、救援チームの捜索をサポートするためにデザインされている。EXO 1の主な特長は以下の通り。 工具を必... 続きを読む

DJI、「Phantom4中国・春節エディション」を発売 [CES2017]

DJIは、中国の春節を祝して、イラストレーターでデザイナーのMartin Sati氏がデザインした「Phantom4 中国・春節エディション」をApple Storeにて販売し、1... 続きを読む

DJI、超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表 [CES2017]

DJIは、屋外での空撮用に設計された超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表した。日本国内での販売価格と発送時期は後日発表予定。 CrystalSk... 続きを読む

DJI、「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を発売 [CES2017]

DJIは、ラスベガスで開催されている「CES 2017」において「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を1月下旬に出荷開始する。希望小売価格は、... 続きを読む