DJIが考える緊急事態時初動救助におけるドローンの有効活用方法[InterDrone2016]

2016-09-10 掲載
DJI 教育事業担当ディレクターRomeo Durscher氏

InterDrone2016(アメリカ・ラスベガス9月7日〜9日)開催2日目には、DJIの基調講演が行われた。昨年のように何か新製品が発表されるかも?と言う噂もあり多くの人が会場に集まった。

登壇したロメオ・ダーシャー氏(Romeo Durscher: Director of Education at DJI)は教育事業担当のディレクターであり、結果、彼から新製品に関しての情報は無かったが、DJIがEENA(欧州緊急番号協会)と協力して進めている緊急事態時における初動救助のユースケースが報告された。

DJIでは緊急事態時での初動救助においてドローンの有効活用方法を模索する事は社会的責任を全うすることと考えています。ドローンによって多くのデータが取得できることは明白でしたが、救助隊員にとって有効なデータを供給する事が難しかった。

itd_romeo_Adamello

今回アダメロ氷河で行なったユースケースでは、DroneDeployのアプリケーションや遭難者の位置特定と救助に於ける優先順位を取得した画像より抽出する技術、救助隊員自身の安全にも関わる天候状況の変化をマッピングして行く技術などが使用されたとのこと。

itd_romeo_Romeo_DroneDeploy_Landing

ドローンが初動救助において役立つ事は分かっていたが、今回DJIのハードウェアとソフトウェアを氷河帯のような厳しい環境でテスト出来た事は非常に有効だった。

と述べ、最後にそのユースケースをまとめた映像が流された。

DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が... 続きを読む

DJI Phantom4用の救援リグアクセサリ「EXO 1」

「EXO 1」はDJI Phantom 4用の軽量な後付けリグであり、救援チームの捜索をサポートするためにデザインされている。EXO 1の主な特長は以下の通り。 工具を必... 続きを読む

DJI、「Phantom4中国・春節エディション」を発売 [CES2017]

DJIは、中国の春節を祝して、イラストレーターでデザイナーのMartin Sati氏がデザインした「Phantom4 中国・春節エディション」をApple Storeにて販売し、1... 続きを読む

DJI、超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表 [CES2017]

DJIは、屋外での空撮用に設計された超高輝度モニター「CrystalSkyモニター」を発表した。日本国内での販売価格と発送時期は後日発表予定。 CrystalSk... 続きを読む

DJI、「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を発売 [CES2017]

DJIは、ラスベガスで開催されている「CES 2017」において「Osmo Mobile Silver」と「Zenmuse M1」を1月下旬に出荷開始する。希望小売価格は、... 続きを読む