Amazon Prime Air、Intel、AirMapから見えてくるドローンの未来 [InterDrone2016]

2016-09-14 掲載

InterDrone初日、ドローンは新興産業の一翼をどのように担うかというテーマで、Amazon・Intel・AirMapの3社によるKeynoteが行われた。

AmazonのPaul Misener氏は、ドローンデリバリーサービス「Amazon Prime Air」について述べた。同サービスは、ドローンを使い30分以内に、5ポンド以下の荷物を安全にお客様のもとへ届けるように設計された、未来のデリバリーシステムだ。このPrime Airの考え方は、車での配達やお店での受け取りよりも、お客様に荷物をより早く届けることが実現するとしている。Misener氏は、同サービスがお客様にとって配送オプションの一つになるだけでなく、車を使った配達より環境に配慮されているとも述べている。

近年アメリカは、規制によりAmazon Prime Airを禁止してきたが、他の国での運用に関してまで口出しをすることは不可能であった。Amazonは開発センターをイギリス、オーストリア、イスラエルに所有している。さらに、同社はイギリスとのパートナーシップを発表し、Amazon Prime Airのテストを行っている。

一方IntelのAnil Nanduri氏は、同社のこれまでの経験と、テクノロジーがいかにドローンとマッチしているかについて明らかにした。同社はすでにプロセッサー、モデム、ワイヤレステクノロジー、プラットフォームストレージ、クラウドストレージ、データセンターストレージを供給している。これらはドローンビジネスにおいて非常に有利な材料となる。さらにIntelはRealSenseテクノロジーを提供しており、これによりドローンに視覚情報を与えてくれる。

我々はドローンを空飛ぶコンピューターとして考えています。

と、Nanduri氏は話した。

interdrone2016_04

これらの鍵となる要素を持ちながら、IntelはYuneecともパートナシップを結んでいる。代表的なドローン「Typhoon H」は、飛行中の障害物を避けたり、障害物による飛行経路の変更が可能だ。また最近では、開発者のためのIntel Aero platform、ドローン飛行のためのIntel Aero Ready、建設や調査、農業のためのIntel AscTec Falcon 8をリリースしている。さらに、自律飛行ドローンや有人飛行ドローン、一人のパイロットで複数のドローンを操作する技術などの開発に注力している。

tyhoon 会場に展示されたTyphoon H

これらを踏まえて「AmazonやIntelや他の先行しているドローン企業に追いつくためには、テクノロジーについて考え方を変えてなければならない」と話すのは、AirMapの共同創設者Gregory McNeal氏だ。AirMapはドローンよる航空管理ソリューションを手がける会社だ。McNeal氏は次のようにコメントしている。

McNeal氏:ドローンはまさに未来の航空機だ。我々はまだやれることの表面的な部分をやっているだけに過ぎない。ドローンを航空産業の進化と考えるのではなく、革命だと考えるべきだ業界を前に進めていくためには自律飛行のような無人オペレーションのテクノロジーを開発していく必要がある。

ドローンはもはや航空技術の延長ではなく、IoTやAI、ブロックチェーン、AR、3Dテクノロジーの変形としてみるべきだ。ドローンは究極の横断型プラットフォームだ。我々は考え方を変えない限り、ドローンの持つ等身大の経済的機能を理解することはできないだろう。

関連する記事

ドローンのベンチャー企業への投資額、過去6番目に高い記録に

2017年第1四半期(1~3月)の取引金額は高額となった。ドローン企業への投資は記録を塗り替え続けている。2017年には新記録を更新する見通しだ。 2016年は100件の取引... 続きを読む

南米最大のフェス”ROCK IN RIO 2017″のラインナップにドローンショー

image by Ars Electronica | SPAXELS 近年のライトアップやプロジェクションマップに加えいよいよドローンもエンタメの世界でも活躍しそうだ。世界でも有... 続きを読む

ハウステンボスで300機のドローンが群衆飛行!インテルのドローン・ライトショーが日本でも開催

画像提供:インテル・コーポレーション ハウステンボス株式会社とインテル・コーポレーション、株式会社hapi-roboは、日本初となる「インテル Shooting Starドロ... 続きを読む

DJI SPARKの秘密はここにあり!Intel MovidiusのMyriad 2 VPU、最新コンピュータビジョンとディープラーニング機能を活用

低電力コンピュータビジョンや、装着型人工知能(AI)のメーカーであるIntel Movidiusは、DJI初のミニドローンとなる「SPARK」に、視覚知能(VI)の技術「Myria... 続きを読む

Ehang、1000機ドローンが宙を舞う。インテルの記録を破り、本格的SQUAD DRONEの時代へ

1000機のドローン編隊飛行がいよいよ実現された。使用されたのは、EHangのGhostDrone 2.0である。この1000機を超えるドローン群は、昨年インテルがギネスレコードを... 続きを読む