DJI、機体の自動飛行を制御・計画するように設計されたiPad用新アプリ「Ground Station Pro(GS Pro)」をリリース [CES2017]

2017-01-04 掲載

DJIは、機体の自動飛行を制御するよう、プロフェッショナル向けに設計されたiPad用アプリ「GROUND STATION PRO(以下:GS Pro)」をCES2017で発表し、リリースした。Appストアから無料でダウンロード可能。

170104_dji-gs-pro_top

GS Proは、iPadを数回タップするだけで複雑な飛行タスクを設定でき、ワークフローとさまざまな産業における効率を改善するように設計されている。特にドローンを利用した空撮マッピングや建設業、精密農業や電気設備の点検などの効率化を図るとしている。

170104_dji-gs-pro_features 3Dマップエリア

3Dマップエリア機能を搭載しており、同機能により飛行区域とカメラのパラメータを設定後、効率的な飛行経路を算出することが可能。機体はタスクを実行する間この経路に沿って飛行する。飛行中に撮影された画像データは、3Dマップを作成するため、3D再構築ソフトウェアに入力され、タスク内容を再利用できるように保存することも可能だ。

TAP AND GOウェイポイントは、1つのタスクで最大99個のウェイポイントが設定でき、機体の回転、ジンバルピッチ、録画の開始/停止、写真撮影、ホバリングなど最大15の連続操作を設定できる。また、VIRTUAL FENCEにより、指定区域内で機体の高度と速度を設定することで、安全性と使いやすさが向上するとしている。指定区域外に近づくと、機体はブレーキをかけてホバリングし、飛行区域内に留まる。

▶︎GROUND STATION PRO(GS Pro)
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Autel Robotics、KestrelシステムをCES2017で発表 [CES2017]

ドローンメーカーのAutel Roboticsが垂直離着陸(VTOL)のKestrelを2017年にローンチすると発表した。Autel Robotics USAはワシントン州ボセル... 続きを読む

DJI製品7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

DJI JAPAN株式会社は、同社製品7機種が国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことを発表した。また、新たに同社製品3機種が... 続きを読む

Keyshare Technology「Kimon」セルフィードローン、アメリカ市場で発売へ[CES2017]

今、セルフィードローンの市場が熱い。YuneecのBreeze、ZEROTECHのDOBBYがその代表だ。そしてKeyshare Technologyの「Kimon」がついにアメリ... 続きを読む

Ambarella、ドローン用に8K/30pを実現するH3チップ発表 [CES2017]

Ambarellaは、CES 2017で2つの新しいチップの発表を行った。そのチップとはドローンのカムアクションに関するものだ。まず、映像撮影の際に4K/60fpsを可能にするH2... 続きを読む

GoPro KArMA、2017再ローンチ? 今度こそと願うばかり![CES2017]

アクションカメラ業界の巨人は、クラッシュが相次ぎ、2016年末にリコールとなったKArMAドローンが年内に再ローンチとなると発表した。まだ正確な日程は発表されていないが、同社は2月... 続きを読む