日本メーカーが手がけたハードウェア、技術が集う国内最大のドローン展示会が開催中 [第3回国際ドローン展2017]

2017-04-20 掲載

44の企業と団体がブースを並べるドローンの祭典

ドローンの構成技術や実用事例を集めた国内最大のドローン展示会「第3回国際ドローン展」(主催:一般社団法人日本能率協会)が、2017年4月19日から3日間にわたって幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中だ。今年で3回目を迎えるこのドローンの展示会は、ドローンのハードウエアを中心に、パーツやソフト、サービスなど、40を超える企業や団体が出展している。

3月に、同じく幕張メッセで開催された「Japan Drone 2017」(主催:一般社団法人日本UAS産業振興協議会:JUIDA)は、どちらかというと量産品としてのドローンの機体、ドローンを活用したサービス、そしてドローンの教育訓練といったジャンルの出展社・団体が多かった。特に今年はドローンの操縦技術、知識を教育する学校の展示が際立った内容だった。

一方国際ドローン展は、モーターやメカトロニクス、機械部品、EMC・ノイズ対策などの技術やハードを展示する「テクノフロンティア2017」と併催ということもあり、その中心はやはり、ドローンの機体や、その機体を構成するパーツ、ドローンを一部にしたソリューションといった、技術やハードとなっているのが特長だ。

そのため、わずか1ヶ月というインターバルで開催される「Japan Drone」と「国際ドローン展」は、どちらかというと前者がサービス、後者がハードやソリューションといった棲み分けができたかたちとなった今年の両展示会だ。ここでは、そんな国際ドローン展のブースを随時紹介していこう。

第3回国際ドローン展2017

関連する記事

広島大学、ドローンの姿勢を乱さない無反動ロボットアーム [第3回国際ドローン展2017]

革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ ハイリスク・ハイインパクトな研究開発を促進するプログラムに参加している広島大学の研究チームが出展し... 続きを読む

TIアサヒ、PENTAXブランドが結集した測量用ドローンとカメラを展示 [第3回国際ドローン展2017]

Matrice 600 ProベースのUAV・レーザー測量システム PENTAXブランドを掲げる測量機器メーカーであるTIアサヒは、カラー点群データが得られるUAV・レーザー... 続きを読む

KEVA、広い範囲の地図作成に最適な固定翼ドローン [第3回国際ドローン展2017]

今回、日本で初お目見えとなったのが、韓国のドローンメーカー、ケバドローンの固定翼ドローン「KD-2 Mapper」だ。主翼幅約1.8mの機体は発泡ポリプロピレン製で、重量はバッテリ... 続きを読む

アイサンテクノロジー、釣り用リールの技術を応用したドローン用ウインチ[第3回国際ドローン展2017]

アイサンテクノロジー株式会社は、DAIWAブランドのリールを製造している岡谷鋼機(グローブライド)、と協業しドローンメーカーからウインチを実装したドローンを披露。またドローン機体は... 続きを読む

田中電気、長時間滞空して周囲を監視する有線式ドローンを展示 [第3回国際ドローン展2017]

有線ドローン「PARC(パーク)」。地上ではコントローラーのほか、ケーブルを巻き取るユニットを設置して飛行させる 日本を代表する電気街の秋葉原で、各種無線通信機器の販売・保守... 続きを読む