[Reviews]DOBBY 旅立ちのために!はじめての飛行と撮影〜中編

2016-09-16 掲載

待望の機体チェック!沙英ちゃんと

さあ、充電も完了したので外に繰り出して、いよいよDOBBYのフライトテストです。テストにかこつけて、ドローン女子(で活躍中の沙英ちゃんをお誘いしました。

dobby_first_08

公園で待ち合わせをしたのですが、充電に手こずり、ちょっとだけ遅刻…怒られてしまいました。ということで、沙英ちゃんにDOBBYをお披露目!DOBBYは女のコ受けも良さそうです。

dobby_first_09

自前のiPhone6sとくらべてみたり。

dobby_first_10

ポケットに入れてみたり。

男性諸君には、合コンやデートでも使ってもらいたいアイテムですね。ZEROTECHの副社長いわく「女性にも気軽に持ち歩いてもらえるドローン」を目指したとのこと。もしかしたら、女のコが自撮り棒のかわりにDOBBYを使って自撮り…というシチュエーションが今後見られるかもしれません。

dobby_first_11

さて、はしゃいでいると時間がなくなってしまいますので、フライト準備をしたいと思います。と言っても、ポケットから取り出したDOBBYのアームを広げるだけ。

dobby_first_12

同等の機能を持っていると思われる「Parrot Bebop Drone2」と比べてもDOBBYの小ささがよくわかります。

アプリケーションのインストール&キャリブレーション

dobby_first_14 Do.fun操作画面

前置きが長くなりましたが、やっとフライト準備。DOBBYはスマホアプリ「Do.fun」を使って操作します(Android、iOS両対応)ので、事前にダウンロードします。

dobby_first_13

フライト前はお決まりの「キャリブレーション」。方角を検知する地磁気センサーの調整を行います。アプリ画面の右上にある設定の歯車アイコンから「コンパスキャリブレーション」を選択するとシュールなアニメーションが出てきますので、それを真似ながら水平方向と垂直方向にぐるぐる回しながら調整します。これでフライト準備完了です。

4パターンの操作方法

DOBBYの操作はスマホを使って行いますが、操作方法は4種類用意されています。

1.モーション操縦モード
スマホの傾きで水平方向+画面上を上下左右に指でスライドさせて上昇下降・機体の回転(ラダー) dobby_first_15
2.モニタースラッシュ操縦モード:
指のスライド上下左右で上昇・左右水平移動、ピンチイン/ピンチアウトで前進・後進 dobby_first_16
3.操作スティック:
通常のモード1/モード2を指のスライドを使って行う dobby_first_17 モード2の場合
4.セーフスティック:
通常のモード1/モード2を指の矢印のタップを使って行う

操作をしてみると、いちばん機敏に動くのは「モーション操縦モード」。操縦を楽しんだり、素早く移動したりする際には最適なモードです。また、操作しやすいという視点でよかったのは「セーフスティック」。自撮りで撮影ボジションに的確に移動する…と考えると、タップした方向にタップした時間だけ移動する「セーフスティック」がいちばん使いやすく感じました。「操作スティック」も似ているのですが、通常のプロポを見立てているため、スライドさせる指の方向が少しでもナナメになると、DOBBYの動きもナナメになってしまうので意外に難しい印象です。「モニタースラッシュ操縦モード」はちょっとほかには無い操縦方法なので、あまり馴染めませんでした。

加えて、初心者の方向けに、DOBBYの向いている方向(操縦者側を向いているか、操縦者と反対側を向いているか)によって前後左右を入れ替えるモードも搭載していますので、操縦に慣れていない方はこのモードを使うと手元の操作と見た目の動きを合わせることができるので便利です。

オシャレに自撮りしてみる

dobby_first_18

さあ、ついにフライトして自撮りをしてみたいと思います。離陸は通常の地面から飛び立つパターンと、手のひらから飛び立つパターンを選ぶことができます。ここはやはり、オシャレに(?)手のひらから離陸させてみたいと思います。

dobby_first_19

手のひらから離陸させるときはこんな感じで、手のひらにDOBBYを乗せて腕を延ばします。そして、さきほどの「手のひらから離陸」ボタンをタップすれば…DOBBYが大空に飛び立ちます!そして、パチリ。どうでしょう?この画質!なかなかのものですね。

http://www.drone.jp/wpdronenews/wp-content/uploads/2016/09/Dobby_first_21.jpg ※画像をクリックすると拡大します

今度はちょっと近づいてパチリ。沙英ちゃんの顔も鮮明に見えます。4208×3120pxの解像度もさることながら、JPEGの圧縮率も低く抑えられているようです。

これだけキレイな写真が撮影できる200g未満のGPS搭載ドローンは今まで無かったのではないでしょうか。ただし、屋外モードでフライトさせるとみるみるバッテリーが減っていきます。強い風が吹いていない場合であれば、屋内モードでバッテリーを温存するというやり方もありかもしれません。いずれにせよ、このサイズでこの画質、そしてこの高機能を持ったドローンは間違いなく今までありませんでした。次回は動画の撮影機能をテストしたいと思います。それまで、モバイルバッテリーで充電しながらコーヒータイム…。まだまだつづきます!

dobby_first_22
協力/モデル:田中沙英 (ドローン女子)第8回TBC第2回シンデレラ総選挙グランプリ。東京ゆかた美女コンテスト2016審査員特別賞

前編 [Reviews:DOBBY] 後編

WRITER PROFILE

田口厚
株式会社Dron é motion(ドローンエモーション)代表。観光PR空撮動画制作、ドローンの活用をテーマにした講習等の企画・ドローン操縦士スクール講師、ドローン導入支援等も行う。JUIDA認定講師。DJIインストラクター。
[Writer:田口厚]
[TAG : ]

関連する記事

ZEROTECH、Dobbyに続く、新型小型ドローンを間も無く発表!?

自撮りドローンのDOBBYで知られるZEROTECHが今夏より、新型ポケットドローン「HESPER Advanced Pocket Drone」(以下:HESPER)を発売すると明... 続きを読む

地方からドローンで産業改革!「Aomori Future Labo」の挑戦

2016年10月15日・16日、「Aomori Future Labo(アオモリフューチャーラボ)」によるドローン勉強会・体験会が青森県弘前市にて開催された。 Aomori ... 続きを読む

[Reviews]DOBBYは、結局買いなのか?動画空撮ならおまかせ!〜後編

txt:田口厚 / 編集部 構成:編集部 DOBBYで動画を撮影してみる いよいよ次は動画撮影してみます。同じように、手のひらの上からDOBBYを離陸させて、沙英ちゃん... 続きを読む

[Reviews]DOBBY 国内販売直前待ちきれないぜ!開封の儀!〜前編

txt:田口厚 / 編集部 構成:編集部 199gのインテリジェント自撮りドローン「DOBBY」の実力はいかに!? 最近、次々に発表されている「自撮り用小型ドローン」ですが... 続きを読む

セルフィードローンDOBBY、10月7日から国内販売開始!

いよいよ待望のセルフィードローンDOBBYの国内発売日が決定した。正規国内版DOBBYの販売は、Amazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、Skylink、システムファイブなどから... 続きを読む