[ハワイ ドローン観光案内]Vol.16 My Nextドローン選挙を勝ち抜いた「Hover Camera」を試してみた

2016-11-11 掲載

アメリカ大統領選を終えて

アロハ!ハワイ在住のクリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。このコラムを書いている今日は、アメリカの大統領選の翌日です。

hawaii_16_election

昨夜接戦の末、ドナルド・トランプがヒラリー・クリントンを破り、第45代大統領に選出されました。日本から見ていると、突然の選挙の結果に度肝を抜かれて、今後を不安視する人も少なくないようです。個人的にもいろいろ感じるところはありますが、とにかく、アメリカの一連の長い長い選挙活動を目の当たりにすることができ、この国のパワーの源を改めて垣間見ることができたような気がします。

アメリカの政党は、子供でもわかりやすい「共和党」と「民主党」の二大政党制です。そのため、政権は必然的に行き来しながらバランスを保っています。両極端のビジョンをその都度試すことで、国としての器が広がっていくような、そんな感じの印象を受けます。とはいえ、どのように「アメリカを再び偉大に」していくのかは、確かに気になるところですよね。

My Nextドローン選挙を勝ち抜いたのは…

さて、今回のドローンコラムでは、新しく入手した小型ドローンを紹介したいと思います。この数ヶ月は、筆者にとってはMy Nextドローン選出期間でした。VLOG(VIDEO LOG)を本格的に作り始めたこともあり、もっと気軽にドローン映像を撮って、使いたい。そう思い始めたのがきっかけでした。

そこで、次のメインドローンを何にしようかと考えた時、折り畳みができる、ポータビリティのすぐれたドローンに狙いを定めることにしました。そうすると2つのドローンに絞り込まれます。もうこれだけで、ピンとくる方も多ですよね。そうです、DJIの「Mavic」かGoProの「KArMA」です。

どちらも良さそうなので、先に入手できそうな方を選ぶつもりでしたが、しかし!いつまでたってもハワイの店頭に並ばないし、ネット注文しようとしても表示はいつ届くかわからない「先行注文」のまま…。ついにしびれを切らして、これらの入手を一時諦めたのでした(つい昨日、GoProのKArMAはリコールを出していたので、選択としては正解だったようです)。

そしてさらなるリサーチの末、結果的にたどり着いたドローンが全くの別ジャンル、小型ドローン。選挙で例えるならクリントンでもない、トランプでもない、ダークホースという感じです(笑)。その名も、Zero Zero Robotics社が発売した「ホバーカメラ:Hover Camera」。究極の折り畳み式、セルフィー用小型ドローン、といった感じです。まずは、そのイメージビデオをご覧ください。

筆者はこのビデオを見て、ガツンとハートを打ち抜かれちゃいました。もしかして、小型ドローンの分野は、これはこれでありなんじゃないかと。VLOGにはもってこいなのかもしれない、そう思ったのです。

何がすごいのか?注目すべきはその手軽さとスペックです!

  • サイズ:182mm3x132mm3x33mm3
  • 重量:242g(バッテリー含む)
  • 最高速度:8m/s(17mph)
  • 飛行時間:10min(風なし)
  • 推奨飛行高度:20m以内
  • 推奨気温:5-35°C
  • Wi-Fi Frequency Bands:2.4GHz;5GHz
  • 撮影:4K、1080P、720P対応

さらに、

  • 顔・体認識での追尾撮影
  • 自分の周りを飛びながら撮影してくれるオービット撮影

これが実現できるなら、その使い方は無限大!?

そう思い、早速オンラインで注文しました。ハワイからだと送料込みで$573.95でした。到着に2週間ほどかかりましたが、ようやく昨日届いたので早速いろいろと試してみました。その模様を、早速VLOGにあげましたので、こちらもご覧ください。

「ホバーカメラ(最強の自撮り用ミニドローン)」を試す! Hover Camera Passport

環境やタイミング上、ビデオを見られない方のために、以下、ビデオから写真をキャプチャーして説明しておきます。

2:30あたりから(その前は経緯説明です)
hawaii_16_01box 商品の紹介 アンボクシング hawaii_16_02 持った感じぎっしり詰まっている感じ hawaii_16_03 アクセサリーのデザインがオシャレで好印象 hawaii_16_04 本体はとても軽い hawaii_16_05 中身。最初からバッテリーが2個あるのは良いですよね hawaii_16_06 とりあえずの飛行テスト。1回目は失敗(汗) hawaii_16_07 なぜか最初だけ失敗。その後は成功 hawaii_16_08 抜群の安定感に感動 hawaii_16_09 アプリをつないで顔認識や体認識に挑戦するも、部屋の広さの問題で中断 hawaii_16_10 大豪邸へ移動し再度挑戦。ばっちり作動

ということで、今のところ大満足の一台になりそうな予感なのでした。

その後の報告

もしこれが屋外でも使えるなら、さらにVLOGでの活用の場が広がるはず。 そう思って、早速屋外でのテストフライト(ラッキーなことに、その日のハワイはたまたま風が極端に弱い日でした)。結果、屋外の(弱い)風の中でも問題なく顔認識、体認識ともに作動しました。ただし、撮った映像を見てみると、画面が小刻みに揺れているのがわかります。室内の映像でも多少気になったが、屋外の風のあるところだとより目立ってしまうのが残念なところ。

また、最後に360°回転撮影と、オービット撮影をテストしました。オービット撮影は、ぐるっと旋回する対象物との距離が4~8メートル必要だったのですが、その距離が足りず一度クラッシュさせてしまいました。

ハワイドローン観光局、次回はどこからお届けしようかな(笑)。またお会いしましょう~!マハロ!

ちょこっとPR

本編に登場するHIROKI NAGASAWA VLOGはこちらから。定期的に更新していますので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

UCHIDA-TVにゲスト出演し「スポーツカメラを使い倒す!」といった趣旨の講座を担当させて頂きました。

0book

長澤宏樹の初著書 「思いが伝わる!心を動かす!アイデアを「カタチ」にする技術」がアマゾンにて販売中!選ばれる企画をつくるにはどうすれば良いのか。博報堂グループで数々の実績を上げてきたクリエイティブ・ディレクターの著者が、企画のつくり方について、解説している一冊。Kindle版も同時発売中)

WRITER PROFILE

長澤宏樹
ホノルル在住。慶応大学卒。博報堂DYインターソリューションズプロデューサー、クリエイティブディレクターとして13年間勤務。独立後、Aloha Branding 合同会社を日本に設立。Aloha Branding Hawaii Inc.を米国に設立。

関連する記事

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.25 湘南・茅ヶ崎の波情報の配信で見えてきたこと

ライブ配信をはじめて アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前回ドローンを使ったライブ配信活動について紹介しましたが、1ヶ月経った今、大きな手応えを感じています。前回... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.24 ドローンを使ったライブ配信活動を紹介

ドローンを使って何ができるのかを模索する日々 アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。過去3回に分けてお届けしました、ハワイでドローンを飛ばす実践編、いかがでしたで... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.23 ハワイでドローンを飛ばす~実践編最終回!

アロハライフのスタートはクリフスから アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。今回は「ハワイでドローンを飛ばす~実践編」最終回です。今回のハワイ滞在も残すところあと... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.22 続・ハワイでドローンを飛ばす~実践編とこの1ヶ月のトピックス

アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前回は「ハワイでドローンを飛ばす~実践編」について書きました。今回はその続編なのですが、この一ヶ月の間に気になるニュースが多々あり... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.21 ハワイでドローンを飛ばす~実践編

“三種の神器”とともにハワイへ アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前回のVol.20では「ハワイでドローンを飛ばすポイントとは?」について書きました。サクッと... 続きを読む