[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.17 GROUND STATION PROで進むDJIドローンの産業活用

2017-02-24 掲載

DJIのドローンというとホビー用であり、産業用途ではないという発言を見ることもあるが、現実的には多くの産業用途のシーンでDJIのドローンが使われている。産業用途でのドローンに関しては、その多くが事前にアプリケーションでセットされた航路を自動航行する形で実施されている。

PC Ground Station

そんな自動航行をDJIのドローンで実施するためには、Phantom2やフライトコントローラーA2、NAZA-M、NAZA-M V2などでは「PC Ground Station」で設定が可能であった。現在でもS1000などDJIのフライトコントローラーを使った機体では現場でも使われている。しかしPhantom3、INSPIRE1以降はサポートされなくなり、メインは「DJI GO」にシフトしていた。

Litch

DJI GOが、Waypointを事前設定するモードがなかったため(一旦、手動で飛行させたルートを登録し、その同じルートを航行させるのは可能だった)、Phantom3、Phantom4やINSPIRE1で自動航行させるために使われていたアプリケーションが「Litch」であった。LitchはVC Technology社が開発、ダウンロード販売している、DJIの機体の自動飛行を制御または計画するように設計されたAndroid、iOS用のアプリケーションソフト。産業用途のシーンで使用している人も多く、それだけではなく多機能のため、一般ユーザーにもファンが多いアプリケーションになっている。Litchは自動航行の機能だけでなく、DJIの機体を活用するために以下のような様々な機能がある。

  • FPV:コースロック(有効にした時点の機体の前後の向きが、前進後進の方向に飛行)、ホームロック(スティックを後進にした時、機首がどこを向いていてもホームポイントに向かって飛行し、前進にするとホームポイントから遠ざかる方向に飛行)の機能がある
  • Waypoint:自動航行のフライトプラン作成と実行
  • Follow:Android版のみデバイスに自動追従
  • Orbit:被写体を定め自動で円飛行をするモード
  • Focus:被写体を定めるが機体の移動操作は手動で行うモード
  • Panorama:平面と球面の、360度のパノラマ撮影が可能
  • Track:動く物体を自動追尾
  • ログイン:Facebook へのログイン画面。Litchiのネット上でミッション(Waypoint)の保存、読み込みが可能
  • Record Screen:iOS版のみスマホの画面を録画
  • Virtual Reality 3D:VRゴーグルを使って空中散歩(FPV操縦)が可能

GROUND STATION PRO(GS PRO)

GS PROは2017年1月に発表されたDJIが提供するDJI機体の自動飛行を制御または計画するように設計されたiPad 用アプリだ。

3Dマップエリア

ユーザーが必要な飛行区域とカメラのパラメータを設定すると、効率的な飛行経路を自動的に作成。機体はタスクを実行する間、この経路に沿って飛行する。飛行中に撮影された画像データは、3Dマップを作成するため、3D構築ソフトウェアに入力できる。また、タスク内容を再度利用可能にするための保存も可能。

■カスタマイズ可能な飛行区域
飛行区域は、画面上で自由に多角形を描いて設定することが可能。機体のGPSを利用して、飛行区域の境界線に沿って飛行することで設定することも可能。

■パラメータの調整
写真のオーバーラップ率、高度、撮影アングル、主な飛行経路に対して平行または垂直といった撮影方向、進路角、余白などのパラメータの調整が可能。インターバル撮影や一定の距離ごとに撮影したり、ウェイポイント上でホバリングしながら撮影したりすることも可能。

■インサイドモードとスキャンモード
インサイドモードでは、機体は選択された区域内で飛行経路を自動生成する。スキャンモードでは機体は最速の経路をたどり、指定された区域をカバーする。そのため、定義された区域から外れる可能性がある。

Tap and Goウェイポイントフライト

ウェイポイント飛行経路を設定し、ウェイポイントで実行する操作を決定する。タップすると飛行を開始する。

■複数設定できるウェイポイント
フライトのニーズに応じて、最大99個のウェイポイントを設定できる。

■調整可能なパラメータ
各ウェイポイントでの高度、ジンバルピッチ、カメラの回転(時計回りまたは反時計回り)を事前に設定可能。

■各ウェイポイントで実行できる操作
それぞれのウェイポイントでは、機体の回転、ジンバルピッチ、録画の開始/停止、写真撮影、ホバリングなど最大15の連続操作を設定可能。

VIRTUAL FENCE

Virtual Fenceは特定の飛行区域を設定。また、場所の一部区域が飛行禁止区域である場合や手動で農薬を散布飛行している場合のように限られた区域のみで飛行する状況で役立つ。機体がVirtual Fenceに近づくと、機体はブレーキをかけてホバリングし、飛行区域内に留まる。

■Virtual Fence範囲の設定
Virtual Fenceのサイズと形は完全にカスタマイズ可能。範囲は機体の位置を開始地点として使用して、飛行前または飛行中に作成可能。

3Dマップ POI

3Dマップ POIというモードも今後公開が予定されている。この3Dマップ POIは、高層構造物の詳細なマップを作成することを可能にするモード。対象物を選択し、対象物と機体との距離を設定するだけでGS Proは、構造物を周回するために必要な速度や時間といった関連パラメータを算出。そこで撮影された画像は3D構築ソフトウェアにエクスポートされ、構造物全体の正確な3Dモデルを作成可能となる。

互換性のある製品

GS Proは以下のDJIの機体とフライトコントローラーに対応。

  • Phantom 3 Standard/4K/Advanced/Professional
  • Phantom 4/Pro
  • Inspire 1/Inspire 2
  • Matrice 100/600/600 Pro
  • A3
  • N3
  • Mavic Pro

対応カメラ

  • Phantom 3 Standard/4K/Advanced/Professional
  • Phantom 4/Pro
  • Zenmuse X3
  • Zenmuse X5
  • Zenmuse X5R
  • Zenmuse X4S
  • Zenmuse X5S
  • Zenmuse Z3
※近日公開予定

DJIが発表したこのGS PROは産業用途-空撮、建設業(3次元マッピング・写真測量)、精密農業、監視、検査、探索と救助など-の利用での効率を飛躍的に高め、DJIのドローンがますます産業の現場での活用が進んでいくだろう。

WRITER PROFILE

春原久徳
セキュアドローン協議会会長、ドローンコミュニティ「ドローンクラスター」主宰。 現在、ドローンの業務活用のコンサルタントやドローンの講習会の企画を行っている。 三井物産のIT系子会社で12年を経て、日本マイクロソフトで12年、PCやサーバーの市場拡大に向けて、日本および外資メーカーと共同で戦略的連携を担当。昨年2014年、独立し、スプリングフィールド株式会社を創業。同社代表取締役社長。

関連する記事

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.27マルチコプターにおいてのDJIの圧倒的な勝利はなぜか?

ドローン関連のコラムを書いていることもあり、メディアの方々やコンサルティング先の方々から「日本はものづくりやロボット分野が強いのにドローンではなぜDJIに先行されているのか」とか、... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.26 ドローンソフトウェアの最新トレンド

ドローンソフトウェアのポジショニングの変化とは? ドローンの活用ステージが進むなかでドローンソフトウェアのポジショニングも変化してきている。 ドローンソフトウェアに関し... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.25 ドローン×AIについて

今回はドローンにおけるAI(人工知能)の活用について記したい。 ドローンの技術フレームワーク ドローンの活用はBtoBが中心となっており、以下のような技術フレームワークにて... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.24 「ドローンビジネス調査報告書2018」を執筆して

毎年主執筆をしている「ドローンビジネス調査報告書2018」がインプレス総合研究所から、3月に出版された。 この調査報告書の執筆は3年目となるが、今回も30社程度のドローン関連会社... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.23 2017年の振り返りと2018年の展望

ドローンが世に出て10年…これまでとそれから 2007年にクリス・アンダーソン(元「Wired」編集長、現3D Robotics, CEO)によってホビー向けのコミュニティサイト... 続きを読む