[ハワイ ドローン観光案内]Vol.26 ドキドキの日常にドローン撮影ニーズを感じる

2017-10-18 掲載

動き出したプロジェクト

アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。今回はいきなり愚痴からのスタートです。すいませんm(_ _)mちょっと聞いてくださいな。

前回のブログでは、ドローン波情報の配信をより良いものにするために別のドローンを検討中。DJI MavicPro Platinumにするか、Swellpro Splash Drone 3にするか迷っていると書きました。その後いろいろ考えた末、やっぱり使い慣れたDJI MavicPro Platinumにしよう。バッテリーも使い回せるし、そもそもSplash Droneはライブ配信できるか不明ということで、心はほぼDJI Mavic Pro Platinumに決まっていました。

DJI MavicPro Platinum

すると、なんと!アマゾンで9月29日お届け可能とのこと。DJI Mavic Pro Platinum「在庫あり」というショップを見つけたので、これはすごい!(まだ発売前なのに)と早速ポチったのでした。しかも、ちょうど別の撮影でもバックアップ機が必要だったので、このタイミングはとても魅力的だったわけです。

Swellpro Splash Drone 3

しかーーし!なんということでしょう。まあ、自分の下調べ不足がいけなかったということもあるんですが、1週間後くらいにお店から連絡があり、実はアマゾンでの販売設定日ミスで10月10日にならないと(この日がDJIからの正式な発売日なので)仕入れすらできないとのこと。

おいおい、このタイミングでそれかよー。もうすでに新しいMavic Pro Platinumが届く予定で撮影の段取り組んじゃったよー。関係者にも自慢しちゃったじゃないかーー!と唸ったのですが、当社ではどうしようもありませんの一点張り…。まあ、それを言われちゃどうしようもないわけで、結果的にキャンセルする以外なく、撮影には別のバックアップ機をレンタルするしかなかったというわけなんです。

しかも、そうこうしているうちにYouTubeから過去のvlog映像で謎のコミュニティガイドライン違反とやら、なんらかの違反をおかしたと責められ(現在、申し立て中)その間はペナルティとして、YouTubeのライブ配信機能自体が使えなくなるんですねーーー。ってオイ!なんなんだこの仕打ちは?

「茅ケ崎ドローン波情報のライブ配信」、せっかく盛り上がってきた一つのドローンの企画なのに。やっとこれからだというのにー、この道を閉ざされる感、なんなんだー。ふぬぅ…。と思わずわけのわからないため息が漏れまくったところで、愚痴モード封印(苦笑)!

ということで気を取り直して。そもそもライブ配信できないのであれば、Swellproでもいいんじゃない?とか、そもそも企画ありきで考えていたので、一旦仕切りに直しになってしまったわけです。

とはいえ、実務としてはいろいろな撮影案件が実は動いていて、先日は元FPMで音楽家の安田寿之氏のミュージッククリップ撮影をドローンで行なったり、内閣府が行なっている「日本の国境へ行こう」のプロジェクトの一部に映像制作で参加させていただくことになり、来週には壱岐島でのドローン撮影が控えていたり、新たにドラマの撮影の話が浮上してきたりと、日々ドキドキの中でドローン撮影のニーズをひしひしと感じているところでもあるのです。

だからこそ次のドローンの実機が大事だったり、ライブ配信しながら実績を積んでいくことが大事だったりするんですよね(まずい、また最初のテンションに戻ってしまいそう)。安田寿之氏のMVは監督が現在鋭意製編集中でもうすぐアップされますので、その際はここでも共有しますね。メイキングはこちらのvlogからご覧ください。2日にわけて陸海空をドローン、GoPro、一眼レフで撮影しました。


(4:15から)

いやぁ、海の上での撮影がんばりましたよ~。風はあまりなかったのですが海の流れがあるので、これを考慮しながら撮影するのはなかなか難しかったです。これまたいい経験になりました。

ハワイで始めたドローンも気づけば随分と…

ハワイでドローンを飛ばしはじめた頃は、海上でサーファーを撮影できるようになることをひとつの目標にやっていたものの、やはりビビって飛ばせていなかったことを考えると、僕もずいぶん成長したものです(笑)。詳しくはVol.03テスト飛行3回目。今までにない最大のピンチ!!参照。

ハワイのサンディービーチで風に流されたドローンが海上に飛んで行ってしまったパニック映像はこちら!

そしてもうひとつ進行中の、内閣府が行っている「日本の国境へ行こう」プロジェクト。日本の国境に位置する離島の魅力を伝えるという主旨のこのプロジェクトの一部に、ドローン撮影というかたちで関われることは、僕自身とても楽しみにしているところです。こちらもまた今後の展開をここで共有しようと思っていますのでお楽しみに~。

(2:08から)

さて、勢いに任せて愚痴からスタートした今回のコラムですが、YouTubeの後日談。わけも分からず突然配信停止を食らったわけですが、異議申し立てをした2日後に無事に申し立ては受理され、ライブ配信機能も復活することができました~。あー、よかった。なぜ突然、配信停止を食らったのかは結局分からずじまいですが、まぁこれも経験。お騒がせしました~。次回はどこからお届けしようかな(笑)。またお会いしましょう~!マハロ!

ちょこっとPR

本編に登場するHIROKI NAGASAWA VLOGはこちらから。定期的に更新していますので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

0book

長澤宏樹の初著書 「思いが伝わる!心を動かす!アイデアを「カタチ」にする技術」がアマゾンにて販売中!選ばれる企画をつくるにはどうすれば良いのか。博報堂グループで数々の実績を上げてきたクリエイティブ・ディレクターの著者が、企画のつくり方について、解説している一冊(Kindle版も同時発売中)。

WRITER PROFILE

長澤宏樹
ホノルル在住。慶応大学卒。博報堂DYインターソリューションズプロデューサー、クリエイティブディレクターとして13年間勤務。独立後、Aloha Branding 合同会社を日本に設立。Aloha Branding Hawaii Inc.を米国に設立。

関連する記事

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.34 勢いづくハワイの不動産を空から見てみる

ハワイの不動産ならではの面白い映像を アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前書きました通り、ハワイでの撮影の仕事(+半分遊び)から戻ってきましたー。 筆者... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.33 改めて感じるトイドローンの一つの方向性は、「小型化&静音化」

手軽に飛ばせるトイ・ドローンTELLO アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前回は、RYZE社のトイドローンTELLOについて書きましたが、やっぱり手軽... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.32 究極のトイ・ドローンTelloの衝撃再び!

Telloの衝撃と可能性を知る アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。今回のコラムでは、以前の記事「Vol.30 ドローンの可能性をさらに感じさせてくれるドローンの登... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.31 新しいチャレンジ、VR360°カメラ×ドローン

アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。前回のコラムでちらっと触れましたが、昨年の秋頃、音楽家・安田寿之新曲「Landfall」のミュージッククリップの制作に陸海空の撮影... 続きを読む

[ハワイ ドローン観光案内]Vol.30 ドローンの可能性をさらに感じさせてくれるドローンの登場

気になるドローンがやってきた! アロハ!クリエイティブ・ディレクター長澤宏樹です。今月は筆者的に、とても気になるドローンが一気に2つも登場しました。すでに市場をにぎやかしているの... 続きを読む