[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.26 ドローンソフトウェアの最新トレンド

2018-09-25 掲載

ドローンソフトウェアのポジショニングの変化とは?

ドローンの活用ステージが進むなかでドローンソフトウェアのポジショニングも変化してきている。

ドローンソフトウェアに関しては、ドローンに搭載されているフライトコントローラーに大きく依存しており、大別すると、DJI系とオープンソース系に分かれている。

参考:[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.11 ドローンのプログラミング

ドローンの活用の第1ステージは、新しい視点(鳥の目)を確保したことにより空撮を中心に進んだ。そこでは商業空撮だけでなく、ソーラーパネル・屋根点検、写真測量、土木進捗、災害調査などに拡がってきた。

そこでの競争はマルチコプターで空撮性能が高く、コストパフォーマンスの高い空撮機の開発だった。ここでは開発スピードが速く、また、カメラの開発にも長けたDJIが大きなシェアを握ることになった。その中でドローンソフトウェアの環境は、DJIは2015年頃よりドローンの産業用途利用が増えるにつれ、その業務に適したカスタマイズやアプリケーションの開発といったものが必要となってきており。そこでDJIはSDKを公開すると同時に、Matrice100といった開発者向けの機体の提供を行った。一方、オープンソース系はDronecodeという形でまとまっていたが、その中心にいた3D RoboticsがDJIとのドローン開発・販売競争に敗れたこともあり、DronecodeとArdupilotに分裂した。

参考:[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.14 Dronecodeの変節~新生Ardupilot.orgとは?

第1ステージにおいては、マルチコプターの安定にむけた自律飛行や自動航行といったところにソフトウェア開発が向けられていた。

DJIは当初Onboard SDK<シリアル接続により直接DJIのフライトコントローラーと通信。インテリジェントナビゲーションモードを使用することで、自律的な飛行経路と操縦を作成して、オンボードAPI機能で、ドローンの飛行を監視および制御することが可能>とMobile SDK<フライトコントローラーと通信可能なモバイルアプリを開発して、プラットフォームの可能性を引き出すことが可能>を提供した。特にDJIのPhantomやInspireといった汎用機体を使ってのアプリケーション開発が可能ということもあり、Mobile SDKを使う形で、各社のアプリケーションをDJI用に移植する動きが活発になった。

参考:[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.15 シェアを獲得しているDJIの開発は?~DJI SDK

現在、ドローンの活用が第2ステージを迎えようとしており、その中でドローンソフトウェアのトレンドも変化してきている。そこでのテーマはいくつかある。

(1)ドローンの自律航行に多く依存していたGPSが届かない、届きづらい空間におけるドローンの安定した自律航行への対応
(2)ドローンに搭載するカメラやセンサの多様化と高度化
(3)空撮用途でなく、人間の作業代替としてのペイロード(搭載物)の重量を増加、もしくは、搭載物の高度化(ロボットハンドなど)
(4)マルチコプターだけでなく、固定翼やVTOL機、また、空だけでなく、同様なフライトコントローラーを使っての陸上ローバー、水上ボート、水中潜水艦への転用
(5)活用ソリューションとドローンの高度な連携
(6)活用ソリューションや管理のクラウド化

こういったテーマにむけて、機体やアプリケーション、ソリューションの開発が世界中のドローン関連企業で行われてきている。そこで各ドローンソフトウェアの注力点も変わってきており、その中でその長所を生かした選択がされている。オープンソース系のArdupilotでは、機体開発を中心として、上記の(3)や(4)が強化されている。自律型のローバーやボート、潜水艦の開発において、その各分野での機体開発競争が始まっている。また、ROS(Robot OS)との連動なども、各種の作業をより自動化、高度化するために注目が集まってきている。

DJI SDKの評価の高まり

DJIのSDKはそのストラクチャを大きく変化させた。それはGuidance SDKを除いて、Payload SDK、UX SDK、Windows SDKを加えるというものだ。

DJIが提供する5つのSDK(Windows SDKは秋に提供予定)

UX SDKは、Mobile SDKをよりユーザーインターフェイスに限って、すべてのコア機能のUI要素を提供することで開発時間を短縮。追加のコード行なしで数分でアプリケーションを作成可能にした。Payload SDKは、サードパーティのメーカーがDJIのフライトプラットフォームとシームレスに固有のペイロードを開発できる。ペイロード側から、電源・ワイヤレス通信リンク・機体の状態やステータス情報などにアクセス可能にした。Windows SDKは、今秋に提供予定をしているものだが、Mobile SDKと同様に、DJIプラットフォームの可能性を最大限に引き出すためのカスタマイズされたアプリケーションをWindows環境で作成可能にする。

DJIはこういったSDKを通じて、上記の(2)や(5)、(6)といった項目の強化をDJIの開発パートナーが行えるようにし、DJIのドローンの活用の幅を広げようとしている。

参考:DJI Developer

そういった流れの中で、ドローンビジネスを展開する企業にとって、よりドローンソフトウェアへの重要性が高まってきている。オープンソース系のArdupilotにおいては、コミュニティを中心に展開されており、http://ardupilot.org/がその入り口となるが、敷居の高い部分もある。ドローン・ジャパンでは、今までArdupilotの理解を深めていくために、ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を開催してきており、この第6期にあたる講座が10月より開講される。ここではマルチコプターだけでなく、固定翼やローバー、ボートの制御といった部分においても強化されている。興味のある人にとってはいい機会となるだろう。

参考:「ドローンエンジニア養成塾2018秋」

WRITER PROFILE

春原久徳
セキュアドローン協議会会長、ドローンコミュニティ「ドローンクラスター」主宰。 現在、ドローンの業務活用のコンサルタントやドローンの講習会の企画を行っている。 三井物産のIT系子会社で12年を経て、日本マイクロソフトで12年、PCやサーバーの市場拡大に向けて、日本および外資メーカーと共同で戦略的連携を担当。昨年2014年、独立し、スプリングフィールド株式会社を創業。同社代表取締役社長。

関連する記事

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.27マルチコプターにおいてのDJIの圧倒的な勝利はなぜか?

ドローン関連のコラムを書いていることもあり、メディアの方々やコンサルティング先の方々から「日本はものづくりやロボット分野が強いのにドローンではなぜDJIに先行されているのか」とか、... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.25 ドローン×AIについて

今回はドローンにおけるAI(人工知能)の活用について記したい。 ドローンの技術フレームワーク ドローンの活用はBtoBが中心となっており、以下のような技術フレームワークにて... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.24 「ドローンビジネス調査報告書2018」を執筆して

毎年主執筆をしている「ドローンビジネス調査報告書2018」がインプレス総合研究所から、3月に出版された。 この調査報告書の執筆は3年目となるが、今回も30社程度のドローン関連会社... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.23 2017年の振り返りと2018年の展望

ドローンが世に出て10年…これまでとそれから 2007年にクリス・アンダーソン(元「Wired」編集長、現3D Robotics, CEO)によってホビー向けのコミュニティサイト... 続きを読む

[春原久徳のドローントレンドウォッチング]Vol.22 ドローンの様々なかたちを考える

ドローンの役割と用途 ドローンというとマルチコプターを思う人が多いが、実際のビジネス活用の現場では、マルチコプター以外の利用も増えてきている。ドローンの役割は大きく分けると2... 続きを読む