[Drone Design]Vol.05 美しいドッキングこそドローンの真骨頂!?

2019-03-06 掲載

コントロール不要の自律飛行を得意とするドローンの真骨頂といえるのが、ドッキング機能かもしれません。

パターンはいろいろありますが、スタンダードといえるのがバッテリーのチャージや荷物の集荷を行う「ドッキングステーション」タイプです。巨大なボックスのようなものから外灯の上に設置するものまでアイデアやデザインはいろいろありますが、最も美しいのがSwiss PostとMatternet社が共同で開発中の宅配ステーション&ドローンのシステムです。

▶︎Matternet、医療物資をドローン配送でBoeingから1600万ドル出資取得~アメリカ領空でのサービス拡大を目指す

まずドローンそのものが美しく、真っ白でなめらかなボディのクワッドローターで中央部分に専用パッケージが格納できるペイロードが付いていて、ドッキングするステーションもドローンと一体化したような美しいデザインで、上部から着陸するとペイロード部分がすっぽり格納できるようになっています。

使い方もスマートで、真っ赤スイスレッド(もしくはイエロー)な弁当箱のようなパッケージをポストの前にかざすと出てくる収納トレイに入れるだけというもの。宛先はスマホアプリから指定でき、受け取り側も同じアプリを使ってポストから取り出すので24時間いつでも配達が可能です。

Matternet社が公開しているデモ動画

プロジェクトがスタートした2015年に「5年後の実用化を目指す」と発表していましたが、その後も開発は順調のようで荷物を運ぶ試験運用を複数の都市で成功させています。

現時点で運ぶ荷物はヘルスケア(インシュリン注射など)のみとのことですが、成功すればスイスの街中のあちこちでポストにドローンがドッキングする姿が見られるようになるかもしれません。

走るクルマとドローンがドッキングするというアイデアも、オーストリア赤十字とランドローバーが実用化を進めています。災害地の調査や探索を行うために開発された特別仕様車「Project Hero」は、ルーフ部分がスライドしてドッキングベースがあらわれ、そこに空中探査用の大型ヘキサロータードローンが離発着できるようになっています。搭載されたサーモカメラなどを使って探査した情報を1km離れた場所から伝えることができ、救助のための道具も運ぶことができます。

Project Hero

クルマとドローンをドッキングさせるアイデアは複数のカーメーカーから発表されていて、Rinspeed社の「Σtos」はスポーツカーのリア部分にドローンがドッキングできるデザインを発表しています。

Rinspeed社が提案していた幻のドローンドッキングカー「Σtos」
▶︎ドローンドック搭載のRinspeed etosに今年のCESのテーマが凝縮されている!:CES2016

2016年のCESで発表後、残念ながら開発は断念されたようで、代わりに今は自動運転で走る車両部分(“Skateboards“と用途にあわせてカーゴや人を乗せる本体部分“Pods”をドッキングさせる「MICROSNAP」を開発しています。

現在開発中(?)の「MICROSNAP」

クルマとドローンのドッキングで最も期待したいのが、エアバスとアウディが共同で開発を進めているドローンタクシー「Pop.Up Next」です。小型の2人乗り自動運転車とドローンが合体して陸と空の両方を移動できるというアイデアで、4分の1スケールモデルのプロトタイプでテスト飛行を成功させ、大きな話題になっています。

「Pop.Up Next」のデモ飛行の様子

デザインを担当しているItaldesign社はアウディの子会社で、イタリアらしいセンスでヘリコプターやトラクターもスタイリッシュに仕上げるデザイン力を持っています。今のところはまだ少し武骨さが残っていますが、実用化を目指すという10年以内にはさらにデザインがブラシュアップされることでしょう。あわせて見とれるようなドッキングシーンができるシステムにまで仕上げてほしいところです。

▶︎AirBus、アウディとイタルデザインがジュネーブ国際モーターショーでモジュラー式パッセンジャードローンを披露
「Pop.Up Next」の最新イメージ

WRITER PROFILE

野々下裕子
フリーランスジャーナリストとしてデジタル業界を中心に国内外イベント取材やインタビュー記事の執筆を行う。掲載媒体は「@DIME」「CNET Japan」「WIRED Japan」「マイコミニュース」など多数。現在のドローンをはじめ、モビリティ、ウェアラブル、XR、AI、デジタルヘルス、スタートアップビジネスの世界的動向などのジャンルに注目している。神戸在住。Twitter:@younos
[Writer:野々下裕子]
[TAG : ]

関連する記事

[Drone Design]Vol.12 乗ってみたくなるエアモビリティってどんな形?

CES 2020ではBell Nexusが2年連続でプロトタイプを出展 人を乗せて空を移動する「エアモビリティ」を開発する動きが世界で加速しはじめています。日本では「空飛ぶク... 続きを読む

[Drone Design]Vol.11 配達ドローンは見た目も大事?

宅配スタッフの人材不足と人件費高騰は日本のみならず世界中で大きな問題になっています。各企業がドローンの活用に力を入れるなか、ドラッグストアのWalgreensと世界最大の航空貨物輸... 続きを読む

[Drone Design]Vol.10 IFAで見えた空飛ぶドローンのデザインとその実現性

ドローン市場は空撮から点検、宅配、そして都市の移動手段として本格的な運用が進み、展示会の一カテゴリから抜け出して専門イベントが世界各地で開催されるようになっています。ビジネスとして... 続きを読む

[Drone Design]Vol.09 ソーラードローンの輝く未来がやってきた

NASAが開発する「Helios(ヘリオス)」 Credits: NASA Photo ドローン本体の開発技術がいろいろ進む中で、実用化に向けた動きがいよいよ始まろうとしてい... 続きを読む

[Drone Design]Vol.08 ドローンが無ければ生まれなかった?!次々登場する空飛ぶバイクたち

Hobersurfe社「HoverBike」 実用化が進む空飛ぶバイク ドローンの定義は「無人」「自律」と言われますが、前回紹介したドローンタクシーのように、人を乗せて空を... 続きを読む