DRONE

シュウ・コバヤシ

「雑機屋」ドローンの専門家。車好き、機械好きが縁で車をメインとするCG制作会社に入社後、2012年アマナの空撮部門airvision事業発足と同時に参加。操作だけでなく、機体の開発、改良などメカニックも担当。映画「魔女の宅急便」では国内で事例がほとんどない中、RED社のEPICを搭載して250回以上の全フライトを担当。2016年 NHK大河ドラマ「真田丸」タイトルバック、自動車会社、鉄道会社などのCMにも多く関わる。2020年4月よりアマナグループを退職後「雑機屋」を立ち上げる。

記事のタイトル

Vol.29 コミュニケーションツール[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

ドローン飛行時のコミュニケーション ドローンを飛行させる場合、個人で簡単に風景を撮りたいときなどを除くと、一人で作業するということはあまりないかもしれません。2オペであればカメラ担当がいますし、空撮の場合は監督や製作など多くのスタッフが関わります。産業系の現場でも、周りを確認する補助員など、補佐してくれるスタッフが関わ...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.28 無人航空機登録制度に思うこと[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

6月20日を前に、とある公共機関のとある部署のお話 「はああああ」対応すれどもなかなか減らない、むしろ増え続ける未処理件数を前に、古方伸男は長い溜息が出た。4月に人事異動があり、係長に昇進したものの、着任早々問題だらけだった。 配属された部署は国土航空省新世代モビリティ課無人航空機登録係。今年から始まる新制度のために新...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.27 DJI Mavic 3、ちょっと残念だったところ[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

DJI製新型ドローンMavic 3 前回の記事でMavic 3の良かったところをご紹介しました。今回はちょっと残念だと思ったり、使いにくいと感じた部分をまとめてみました。DJIという会社の製品はとても素晴らしい、革新的なものが多いです。ただその一方、ちょっと足りない、ちょっと惜しい部分が多いなとも感じます。ただ、今の所...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.26 DJI Mavic 3 使用感と実用の真価は?[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

DJI製新型ドローンMavic 3 昨年DJIの新型ドローンMavic 3が発売されました。旧機種のMavic 2が発売されてから少し間が空いていたので、首を長くして待っていた方も少なくないと思います。私も発売してからすぐに入手していたのですが、機能が未実装だったり、そもそも飛ばす時間が確保できないなど、中々触る時間が...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.25 3Dプリンター その4[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

あたらしい3Dプリンター 前回に今まで私が使ってきた3Dプリンターたちを紹介してきました。そして、今回新しい3Dプリンターを購入したので、その選考過程など、決め手になったことをご紹介したいと思います。 いくつか候補に挙がった機種があります。1つ目はFLASHFORGE製のAdventurer3Xです。 FLASHFOR...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.24 3Dプリンター その3[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

おおよそ2年 このドローンマニアを書き始めて、早くも2年が経ちました。その記念すべきVol.1とVol.2では、3Dプリンターについて書いておりました。当時はまだ会社員としてドローンに携わっており、マイクロドローンを制作していたり、企業の実証実験なども行っていたため、3Dプリンターをそこそこ利用していました。 現在では...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.23 ドローンパイロットで飯が食えるか?その2 [シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

前回からの続きで、ドローンで飯を食うには何をすればいいかを考えていきたいと思います。前回は私が実際にメインにしている空撮と、ドローンスクールについて書きました。今回はそのほかの ドローン点検 ドローン測量 農薬散布、調査 ドローン製作 ドローンレーサー これらについて考えていきます。 ドローン点検 産業系でのドローン活...
シュウ・コバヤシのDRONE MANIA ドローンマニア

Vol.22 ドローンパイロットで飯が食えるか?その1 [シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

コバヤシの現状 2021年の4月で、独立して個人事業主のドローンパイロットとして1年が経ちました。初めての確定申告も終わり、1年間の売上げが見えてきました。2020年度はコロナの影響もあり、はっきり言って順調ではありませんでした。オリンピック関係の仕事はすべて白紙になり、コマーシャル系の撮影も計画変更や縮小が続きました...
記事のタイトル

Vol.21 あるドローンパイロットの1日 [シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]

撮影当日のルーティーン まだ夜明け前の午前4時、目覚ましが鳴る少し前に自然と目が覚める。撮影当日は緊張からなのか目覚めが良いことがある。妻を起こさぬようにそっとベットを抜け出し、手早く身支度を済ませる。昨夜のうちに着るものやカバンは用意しておく。サングラスなどを忘れるとコンビニやサービスエリアで買う羽目になるので事前の...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.20 FPVの壁〜我々は乗り越えられるのか?

DJI FPV 2021年3月2日にDJIからDJI FPVという新しい製品が発表されました。そして私は、早朝布団の中で映像と記事を見て、そのまま注文をしました。ドローン界隈もこの製品で賛否両論ざわついていますね。では何がそんなに画期的な製品なのでしょうか。 簡単に説明すると、今までのドローンは基本的に機体を直接見て、...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.19 ドローンスクールって必要?

ドローンスクール Googleで「ドローンスクール」と検索するとまぁ出てくるわ出てくるわ、いっぱいあります。私も、「アマナドローンスクール」の立ち上げから現在も講師として携わっておりますので、その中の一つと言えます。 国土交通省航空局が「ホームページに掲載している講習団体」は600以上あります。昨年は700ほどあったよ...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.18 ドローンで使用するデバイス

パソコンとスマートフォン ドローンを飛ばすにあたってほぼ必須と言っていいデバイスがパソコンとスマートフォンだと思います。ただ単にドローンを飛ばす際にはパソコンやスマートフォンが無くても飛ばせないことはないのですが、撮影素材の確認や、設定変更、ファームウェアのアップデートなどなど必要な場合があります。 私自身、パソコンや...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.17 ゲームから想像する未来

ゲームで描かれるドローン ちょうど1年前ぐらいにVol.4でゲームに登場するドローンについて紹介しました。あれから色々なゲームがリリースされましたが、もはやドローンが登場するのはなにも珍しくなくなりました。そして、今までは一つの道具として使われる程度でしたが、最近は物語の中核を占める重要なアイテムとして扱われるようにな...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.16 ドローンの情報セキュリティ対策

情報セキュリティ対策 前回ドローンの情報セキュリティの危険性についてお伝えしました。今回は現在考えられる対策について考えていきたいと思います。前回の最後にも追記しましたが、令和2年9月14日付で関係省庁での申し合わせがあったと追記いたしました。詳細はこちらです。ここにも対策が少し書かれています。一部抜粋します。 5.経...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.15 ドローンの情報セキュリティ

中国製ドローン排除の動き ここ最近、アメリカトランプ政権の政策で、中国メーカー製のルーターやハブ、サーバーなどネットワーク機器を排除する動きから、パソコン、スマートフォン、そしてSNSまで波及し、ついにドローンも中国メーカー製のものも危険視する流れがあります。一部報道で、日本政府もアメリカに同調し、中国メーカー製のもの...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.14 小型機用のハコ〜収納と整理の重要性

小型機の運搬 前々回、大型機の運搬について書きましたが、今回は小型機用のハコについて書きたいと思います。小型機ですとハコというより、カバンやリュックなど入れ物も小さなものになります。大型機より運搬は楽なのでそんなに苦労はしないと思いますが、それなりに色々工夫が必要です。DJI製のドローンだと純正のハコやコンボセットに付...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.13 ドローンを操縦する際の持ち物

前回、小型機のハコについて書くと申し上げたのですが、色々と運用に変化が出まして計画を変更中です。なので、小型機用のハコが完成次第書きます。そこで、今回は機材以外の持ち物についてです。ドローンを飛ばすにあたって必要なものが結構あります。実際に飛ばしてみないと気が付かないものもあると思います。 太陽対策 ドローンを飛ばすの...
記事のタイトル

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.12 ドローン大型機用のハコ〜運搬について考える

ドローンの運び方 ドローンをどうやって運ぶか。今は機体が小型化し、折り畳めるものがほとんどですので、そんなに悩む必要はないかもしれません。初期の頃は大きな機体ばかりで、折りたたむことができなかったため、どこへ行くにもワイドでハイルーフなハイエースに積み込んで、自走して現場に向かっていました。 これはシネマカメラやレンズ...
[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.11 ドローンにおけるジンバルの歴史

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.11 ドローンにおけるジンバルの歴史

ジンバルとは 一般の人にはジンバルといわれてもピンとこないかもしれません。英語だとGimbal(発音ではギンバルですが、あえて日本での通名であるジンバルで通します)と書きます。明確な日本語はよくわかりませんが、宇宙雲台とか回転台とでもいいましょうか。1つの軸に対して回転する台です。それを複数組み合わせる事によって左右縦...
[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.10 ドローン用シミュレーター

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.10 ドローン用シミュレーター

シミュレーターは役に立つか 新型コロナウィルスの影響で、外出自粛が長期化しています。撮影の案件もいったん止まってしまい、最近ドローンを飛ばせていません。こんな状況下では操縦の腕も鈍ってしまいそうです。 トイドローンやマイクロドローンを室内で飛ばすという事も可能ですが、一般的な空撮ドローンとはちょっと感覚が違います。練習...
[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.09 ドローンで桜を楽しむ

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.09 ドローンで桜を楽しむ

こんな大変な時期に 私事ですが3月末をもってアマナビ(株式会社アマナデザイン)を退職し、4月よりフリーランスとしてドローン空撮をやっていくことになりました。屋号は「雑機屋」です。以前からMaker Faire TOKYOというイベントに個人で出展する際に使っていた名前です。アマナドローンスクールの講師やアマナグループの...
[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.08 ハンダ付けとその周辺

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.08 ハンダ付けとその周辺

最近のドローンはハンダ付けの必要はない 初期の頃のドローンはバッテリーやESC、モーターをつなぐのにコネクターをハンダで付ける必要がありましたので、よくハンダごて使っていました。古いフライトコントローラーのなかには、メインの基盤とESCはコンデンサーを経由してハンダ付け必須の物もありました。最近のドローンは完成済みで基...
[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.07 ドローンで使用する工具 パート2

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.07 ドローンで使用する工具 パート2

前回に引き続き、ドローンで使用する工具をご紹介します。今回は工具と言うより道具も含めていきたいと思います。 切ったり、削ったり、穴開けたり 意外と重宝するのがヤスリです。普通の金属用のヤスリも使いますが、カーボン素材を相手にするときは、すぐ削れなくなってしまうのでダイヤモンド加工されたものを使います。メーカーは忘れまし...
[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.06 ドローンで使用する工具 パート1

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.06 ドローンで使用する工具 パート1

ドローンと工具 PHANTOM3が全盛期だったあたりまで、ドローンを飛ばすときには工具は必ず持っていました。なぜならPHANTOM3にプロペラガードを装着するにはモーターをとめているネジを1回外して、長いネジに交換して、プロペラガードを一緒にとめてあげる必要があったからです。 PHANTOM1、2のころはジンバル付けた...
[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.05 小型なドローン達

[シュウ・コバヤシのDRONE MANIA]Vol.05 小型なドローン達

トイドローンがやってきた 最初に飛ばしたドローンは何か?忘れもしませんし、まだ手元にあります。Walkera社製 QR Ladybirdです。 ■QR Ladybird いわゆるトイドローンというもので、ジャイロと加速度センサーのみしかなく、気圧センサーもコンパスセンサーもありません。もちろんビジョンポジション、GPS...
Return Top