NAB2014、ドローン空撮のワークショップ開催。エルドラドキャニオン、ゴーストタウンで空撮を学ぶ

2014-02-05 掲載

NABで恒例のプロダクション向けスキルアップ講座や認定トレーニングが揃う「Post|Production World 2014(PPWorld)」では、今年初めて空撮のワークショップが加わった。VASSTトレーニングから認定パイロットインストラクターがクワッドコプターを使った空撮のノウハウを伝授する1日フィールドトリップ・ワークショップだ。

20140205_NAB14_Fieldtrip.jpg

開催日は2014年4月6日。参加募集人数は50名。当日はネルソンゴーストタウンで、実機を使って様々な撮影方法からドローンの操作方法を学べる。各参加者別に細かく指導できるように、数台のドローンが用意されるようだ。ワークショップの内容としては、基礎的なフライト操作から、固定もしくは動く被写体の収録方法、そして収録したフッテージを使ったポストプロダクションまで。

参加費は395ドル。費用には、NAB会場からネルソンゴーストタウンまでのチャーターバスでの移動費、昼食代(+休憩時間でのおやつ付)に、空撮ビデオセッション(4月8日)の終日トレーニングが含まれる。

そのほかのPPWorldのセッションは以下のサイト(PDF)を参照してほしい。
http://www.nabshow.com/2014/pdfs/PPW_Grid.pdf

(山下香欧)

[Category:]
[TAG : ]