ネパール大地震でドローン空撮による特派員のレポート。米NBCが実施

2015-04-30 掲載
© 2015 NBCNEWS.COM

米三大ネットワークのNBCは、25日にネパール中部で起きたマグニチュード7.8の大地震による現地レポートをドローンからの空撮で実施した。レポートの冒頭は、瓦礫の上でミゲル・アルマグエアー取材員が米国バージニア州からの捜索救助チームのそばに立って状況を説明し、そのあとドローンが空から被害の状況を映像で伝えている。

NBCがこのような報道でドローンを用いたのは、今回が初めてではない。3月に南太平洋のバヌアツを大型サイクロン「パム」が直撃した際も、ドローンで飛行撮影した映像を取り入れて報道した。

FAA(米連邦航空局)および米国政府機関で、無人偵察機(ドローン)の商用規定向けに調査が進むにつれ、テレビや映画プロダクション側でドローンを使用する頻度は増している。今回のNBCの実験的な報道は米国内で行われてはいないが、言葉では伝えきれない、広範囲における被害の状況を伝えられる技術として、今後も報道での実績を蓄積していくとみられる。

(山下香欧)

[Category:]
[TAG : ]