DRONE

シリーズ最小!GoPro HERO4 Session 発表。ドローン向きのデザインに期待

シリーズ最小!GoPro HERO4 Session 発表。ドローン向きのデザインに期待

ドローンに使用するカメラと言えばGoProと言う方も多いだろう。そんなGoProが、新モデルHERO4 Sessionを発表。シリーズ最小最軽量74g。ハウジング無しで、水深10mまでの防水性能や耐久性を備えるなどデザインを一新した。

GoPro HERO4 Session は従来モデルに比べ本体サイズが小さくなり、中心軸上にレンズ位置が変更になり、ドローンユーザーには朗報である。またこれまでの操作性を見直し「最高の使いやすさ」をうたう。本体に備えるボタンはひとつだけ。電源ON、撮影開始、撮影停止、電源OFFをボタンのみで行う。機能の詳細設定は別売りのリモコン「Smart Remote」操作を行うか、スマートフォン専用アプリで実行できる。

動画は、残念ながら4K収録ではないが、最大1920 x 1440 /30pのほか、1920x1080 /60p。1280x720 /100p、848x640 /120pといったHFR撮影にも対応。撮影モードには広い画角での撮影が可能なSuperView モード、高画質Protuneモード、低光量下でも撮影可能なAuto Low Lightモードなど実装。またマイクは本体前後に1つずつ備えており、撮影時は風などノイズの影響が少ない方に自動的切り替え機能が備わった。

静止画は最大3264 x 2448px(8MP)。タイムラプスモードも引き続き実装されている。バッテリーは内蔵型。うれしいことに既存の GoPro マウントすべてに対応。すでにマウントを所有している場合も問題なく使用可能だ。

GoPro HERO4 Session の国内発売は7月後半、税別価格は5万2000円予定。

Return Top