DJI Roninジンバル用、ミニサイズのワイヤレスコントローラー「Thumb Controller」が発売

2015-07-27 掲載

映像のブレを止める三軸制御ハンドヘルドジンバルシステムDJI Roninには発売当初からセカンドオペレーター用に大型サイズのリモートコントローラーが提供されているが、これとは別にカメラオペレーター自身がRoninリグを持ちながらでも操作ができる、ミニサイズのワイヤレスコントローラーの出荷が始まったので紹介する。

「Ronin Wireless Thumb Controller(サムコントローラー、以下:TC)」と呼ばれる新しいワイヤレスコントローラーはその名の通り、親指一つで感圧スティックを操作してカメラのパン、チルト、ロールなどを制御するようになっており、マウント用ブラケットでリグ自身にコントローラーを実装できる。本体のサイズは68mm×36mm×23mmで重量は約204g。

150727_RoninTC

ダイヤルのタッピングの仕方でジンバルをデフォルトのポジション(センター)に戻したり、スムーズトラッキングとフォロースピードの切り替えたりが行える。あくまでも首ふりとパンニングは別々なので、カメラを斜め方向にパンすることは難しく、多少ロボチックな動きになってしまうかもしれない。軸のずれを感じた際のキャリブレーションやモーターのスティフネスを適応なバランスに調整する制御もコントローラーから行えるようになっている。

150727_roninTC_receiver リグとの通信に、Ronin-Mにはレシーバがビルトインされているが、Roninで使用する場合は外部レシーバを取り付ける必要がある

ワイヤレス操作の可能な範囲は60メートルまで。メニューを表示するディスプレイはモノクロのOLED仕様(128×64ドット)。内蔵バッテリー(1150mAh)は充電式で、2時間のチャージで約18時間継続使用可能だ。

150727_roninTC_app

TCは標準装備のセカンドオペレーター用リモートコントローラーとデュアルモードで並行して利用可能だ。アプリで2つのコントローラーの優先制御順位やパンチルトの速度調整などの設定が行えるほか、パンチルトの速度設定は各コントローラーで別に設定することもできる。

150727_package

価格は公式サイトのオンラインショップでは、Ronin-M用が税込み22,900円。Ronin用で外部レシーバ込みは税込み25,600円(すべて送料別)となっている。

(山下香欧)

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、小型ジンバルカメラ「DJI Pocket 2」発表!早速開封してみた!

DJIは、同社の「Osmo Pocket」2代目として手ブレ補正搭載小型カメラ「DJI Pocket 2」を2020年10月31日に発売する(10月20日より予約受付開始)。希望小... 続きを読む

ビックカメラ×アマナードローンスクール×システムファイブ、DJI産業用ドローンオンラインセミナー開催

ビックカメラとアマナードローンスクール、システムファイブは共催でDJI産業用ドローンオンラインセミナーを開催(Zoom)する。 同ウェビナーは、産業機の理解を深め、導入... 続きを読む

DJI、10月20日に注目せよ!さらに新製品!〜DJI Osmo Pocket 2登場か?

DJIから今月まだ新製品が出るようだ。これで5製品目になる。「Capture Magic At Hand(さぁ、その手に魔法を)」をコピーされている。女性、バックの中から…となると... 続きを読む

DJI、Roninシリーズ新製品DJI RSC 2発表

DJIは、DJI Roninシリーズの新製品「DJI RSC 2」を発表した。2020年10月15日よりDJI公式オンラインストアや、DJI認定ストア、DJI正規販売代理店および特... 続きを読む

DJI、Roninシリーズ新製品DJI RS 2発表

DJIは、DJI Roninシリーズの新製品「DJI RS 2」を発表した。2020年10月15日よりDJI公式オンラインストアや、DJI認定ストア、DJI正規販売代理店および特約... 続きを読む