Amazonがドローンハイウェイ構想を提案

2015-08-04 掲載

Amazonのドローン配達構想がまた進展を遂げた。同社はNASAのUTM(Unmanned Aerial Systems Traffic Management Convention)にて、「ドローンハイウェイ」の構想を発表した。

 「ドローン技術を安全にかつ最大限に引き出すためには、無人航空機、特に目で追うことのできない自動操縦機体を民間空域で安全に飛ばすことのできる空中交通システムが必要である」と同社はレポートに記した。「そうしたシステムを作るにあたって、まずは空域の利用方法を明確にする必要がある」

0730=01amazon

今回提案されたハイウェイでは、空域が次の4つの飛行レベルに分割される:飛行禁止ゾーン、高速通行レーン、低速レーン、低リスクレーン。Amazon Prime Airのように荷物を運ぶドローンは地上から60m~120mの高速レーンを使い、農業や橋の点検、撮影等に使われるドローンは低速レーンを使う。

機体の性能に応じた空域のみにアクセスを与えるというフレームワークを提供し、無人航空機の運用が現在の航空制度を妨害しないようにすることで、安全にドローンの運用を行えると我々は信じている。

と同社は提案。低速レーンは衝突判定/回避等の優れた技術を積んでいないドローンも使うことができる。逆に、ナビゲーションや通信、衝突回避、自動解体などの機能を持つドローンは高速通行レーンを使うこととなる。更に同社はFAA(連邦航空局)やNASA等のステークホルダーや機関と協力し、この構想を推し進めると発表した。

Amazonは、多様な機能や性能を持った無人航空機が安全に、そして最も効率よく飛行するためには150m以下の空域を分割した上で、自動化された高度な空中ナビゲーションサービスを合わせて提供する方法が最適であると考えている。公共/民間問わず、無人航空機産業が力を合わせてこの新しいコンセプトを実現することで、無人航空機を安全に、そして責任を持って運用し、素晴らしいイノベーションを起こすことができる。

とAmazonは言う。異なる高さのレーンを規則正しくドローンが飛行する光景は,多くの人が思い描く未来にふさわしいのではないだろうか。

▶参考URL:PRIME AIR CONCEPT OF OPERATIONS AIRSPACE MODEL

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Amazon Prime Air、技術を生かし、フェイスシールド開発。医療従事者の保護に貢献

新型コロナウイルス拡大によって、第一線で活躍する医療従事者のためのフェイスシールド保護具は、今もなお不足している。必要性を感じたAmazon Prime Airの機械設計チームとハ... 続きを読む

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動し... 続きを読む

住友商事、米州住友商事を通じてOneSkyに出資

住友商事株式会社は、米州住友商事会社を通じてエアモビリティ社会に不可欠な無人機管制システムを開発するOneSky Systems, Inc(以下:OneSky)に出資した。 ... 続きを読む

アマゾン、ドローン配送サービスインまもなく。Prime Airドローン機体新デザインも発表

Image Via JORDAN STEAD / Amazon ラスベガスで開催中のAmazon主催のre:MARS会議(機械学習、自動化、ロボット工学、宇宙などのカンファ... 続きを読む

BoeingとSparkCognitionが提携。AI(人口知能)とブロックチェーンをUTM(無人航空交通管理)に応用

ボーイングは、AI(人工知能)テクノロジー分野のリーダー企業であるSparkCognitionと提携し、無人航空交通管理ソリューションの提供を目指していることを発表した。 ボ... 続きを読む