ソニーモバイルとZMPの合弁会社「エアロセンス」が始動。ドローンとクラウドを組み合わせた産業用ソリューションを提供

2015-08-25 掲載
AS-DT01-Eのモックモデルとエアロセンス株式会社谷口恒代表取締役社長(左)と佐部浩太郎取締役CTO

ソニーモバイルコミュニケーションズとZMPは8月24日、ドローンとクラウドサービスを組み合わせたソリューションを法人向けに提供する合弁会社「エアロセンス株式会社」を8月3日付けで設立したと正式に発表した。資本金は1億円で、出資比率はソニーモバイルが50.005%、ZMPが49.995%。エアロセンスは発表当日に、同社の事業戦略について報道関連者向けに説明会を実施している。

エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かしたサービスを提供する。2016年前半より法人向けに、自社開発の自律型UAVとクラウドサービスを活用した、トータルソリューションを提供していく予定。

150825_Aerosense_1

具体的には、UAVで撮ったデータの管理・分析、高精細2Dマップ/3Dモデル制作から、土地の測量や調査、農地の管理、設備の点検といったサービスを展開していく。2Dマップ/3Dモデル制作は、クラウド上で並列処理するため即日提供が可能になる。計測・データ解析・運用までのプロセスにおいては、ニーズに応じてサービスをカスタマイズでき、撮影データはクラウド上で蓄積、管理され、サービスユーザー企業が個々で分析できるほか、分析システムの開発も行っていくという。

  • 飛行エリア・飛行目的を予め設定。UAV はその設定で離陸ボタン一つで自律飛行し、自動帰還
  • 自律型UAVで、人為的な操作ミス及び設定目的以外での飛行を防ぎ、規制に則ったオペレーションを実現
  • センシング技術及び通信技術で、イメージングと無線データアップロードでクラウドサービス連携
  • 各産業分野のニーズに応じて、取得する画像や動画を自動解析によってアウトプット行う
  • アップロードされたデータをクラウド上で処理し、2D/3Dモデルを即日提供することが可能
  • 150825_Aerosense_2 開発するドローンはヘリコプター型と垂直離着陸の性能を持つ航空機型の2種類

    また紹介された2種類の試作機を展示。Vertical Take-Off and Landing(垂直離着陸機)で注目を集めている「AS-DT01-E」と「AS-MC01-P」。VTOL機は、モックモデルのほか実際に飛行可能な実機試作機も展示された。AS-MC01-P球体のボディーが特徴。底部分にはカメラが実装されている。

    VTOL機として固定翼のUAV「AS-DT01-E」も開発中。二重反転プロペラを装備しており、垂直離陸ができるほか、プロペラの向きを変えて飛行機のように高速で飛行、最大飛行速度は時速170kmに達する。飛行時間は2時間以上。10kgまでの最大積載量を誇っている。外形寸法は2,200×1,600×600mmで、重量はバッテリ込みで7kg。実際に飛行するモデルも展示された。

    IMG_5243 実際に飛行可能なVTOL固定翼機のUAV「AS-DT01-E」 IMG_5246 UAV「AS-DT01-E」のボディは軽量化された発泡スチロールが使用されている IMG_5245 GPSアンテナは、3DRのモノを使用

    (山下香欧 + 編集部)

    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    VAIO、産業用ドローン中国国内大手メーカー MMCと協業検討を開始

    VAIO株式会社と産業用ドローンメーカーであるMMC(深圳科比特航空科技有限公司)は、日本国内の産業用ドローン市場における事業創造に向け、2019年11月より共同で事業検討を開始し... 続きを読む

    トルビズオン、私有林上空におけるドローン物流のビジネスモデルを下関市にて実装開始

    協賛各社(順不同) 株式会社トルビズオンは、セイノーホールディングス株式会社、組合林業株式会社、JForestグループ山口県森林組合連合会、山口県西部森林組合、株式会社リテールパ... 続きを読む

    エアロセンス、エアロボクラウド測量計算機能強化。短縮スタティックと任意のRINEXデータに対応

    エアロセンス株式会社(以下:エアロセンス)は、エアロボクラウドで提供している基準点測量機能を強化した。この強化により、1級GNSS受信機を使った1級・2級の公共測量基準点の設置が可... 続きを読む

    エアロセンス、AEROBO onAirでゴルフ大会生中継。空撮8時間超

    エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO onAir(有線ドローンシステム)が、日本テレビ放送網株式会社の日本プロゴルフ選手権大会の撮影に採用された。AEROBO... 続きを読む

    神戸市、ドローンの先行的活用事業として最先端ドローン飛行調査を開始

    神戸市は兵庫県と連携し、台風や大雨による沿岸部の被害調査や土砂災害の被害状況調査、空撮による貯水池の水質状況調査など、ドローンの活用を計画している。同事業の一例として2019年7月... 続きを読む