中国ドローンメーカーYuneecが、インテルから6000万ドルの資金調達に成功

2015-09-01 掲載

中国で2番目のドローンスタートアップが資金調達した。上海に拠点を置くYuneec(ユニーク)社に、インテルが6000万ドルを出資した。ライバルであるEHANGが、シリーズBによる資金調達で4200万ドルを獲得した2日後の出来事である。EHANGもYuneecも、5月にAccelから7500万ドルの⽀援を得て、スカイファンドと呼ばれる商業用ドローンへの投資を主とするファンドを立ち上げた中国最大のドローンスタートアップDJIに対抗している状況だ。

Yuneec創設者であるティエンユーは、同社のドローンの強みを以下のように強調する。

我が社のドローンは、商業用、コンシューマー用問わず、非常に簡単にオペレーションできることが、大きな特徴です。初めてドローンを購入した人でも、開封してたった5分で飛行させることができます。

インテルとYuneecは、何らかのプロジェクトで協力する計画であるとしているが、それが具体的に何かは明かされていない。Yuneecは、インテルが今までに出資した3つ目のスタートアップである。他の二つとは、商業用ドローンのソフトウェアを開発するAirwareと、センサー機器とデータ分析のプラットフォームを製造するPrecisionHawkだ。

ドローン業界が急速な成長を楽しんでいる現在、ベンチャーキャピタルからスタートアップへ大量の資金が投⼊入されている。CB insightsによれば、過去3年間の合計金額を上回る、1億7200万ドルもの資金調達にドローン企業が成功しているようだ。

これはコンシューマードローン市場での戦いがますます厳しくなることを意味しており、YuneecやEHANG、DJI、3DR(米国)などは、企業ユーザーに対するソフトウェアやドローン製品に磨きをかけることが必要とされる。インテルは、ドローンのハード、ソフト、データ分析などを幅広くカバーするスタートアップたちに資金を投⼊入することで、同社の半導体事業の成長みならず、最近伸び悩む収益の多様化を実現するエコシステムの確立に取り組んでいる。

Yuneec
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

テラ・ラボ、3億円資金調達。災害対策長距離無人航空機の実用化・事業化へ

実用化を目指す長距離無人航空機 株式会社テラ・ラボは、DRONE FUND、商工組合中央金庫等の金融機関から総額3億円の資金調達に成功し、令和元年度に採択を受けた2つの補助事業を... 続きを読む

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動し... 続きを読む

Drone Future Aviation、Drone Fundから1億円の第三者割当増資による資金調達を実施

株式会社Drone Future Aviation(以下:DFA)は、Drone Fundからシードラウンドにて1億円の資金調達を行ったことを発表した。 DFAは「ドロ... 続きを読む

DRONEII、米・ドローンメーカーマーケットシェアTOP10発表、DJIが圧倒的シェア

DRONE.jp提携先のDrone Indusry Insight社(以下:DRONEII)が、アメリカにおけるドローンメーカーのマーケットシェアTOP10を発表した。 DJIが... 続きを読む

Verity Studio、Intelのエグゼクティブと契約。さらなる拡大を目指す

Squad Drones(群衆飛行ドローン)は、今ではエンタメとして各イベントで欠かせない存在だ。今回Verity Studiosは室内ドローンシステムを手掛ける世界的な会社である... 続きを読む