Yuneec Typhoonシリーズで4K映像撮影可能に!

2015-09-03 掲載

先日紹介したインテルから6000万ドルの資金調達に成功したYuneecのポテンシャルを見て行こう。彼らの最新フラッグシップ機種は、Typhoon Q500 4Kだ。初⼼者、上級者問わずに安全かつ簡単なオペレーションで活用できる。特質すべきは、やはり4K映像と1200万メガピクセルの写真を撮影可能なことだろう。

Typhoon Q500 4Kは、CG03 4Kカメラで動画を撮影しながら25分間もの飛⾏が可能である。また撮影対象物を追う機能である”Fllow me”機能も嬉しいとr個だ。飛行には5.5インチのAndroidタッチスクリーンディスプレイが特徴的なスタンダードST10+パーソナルグラウンドステーションコントローラーを使用する。Yuneec社のCEOであるTian Yuは、typhoon Q500 4Kについてこう語る。

いち早く4Kカメラ搭載のドローンを紹介したことにとても興奮しています。Typhoon 4Kはプロの写真家から技術オタク、最近ドローンに興味をもった人でさえも魅了するでしょう。観客が誰であれ、Yuneccは壮大なイメージを生み出し、圧倒的な飛⾏体験を提供します。

Typhoon Q500 4Kは空撮だけではない。同梱されているSteady Grip にCGO3 4K gimbal cameraを付け替える事によって、地上でも空撮のような滑らかな撮影を可能にする。またCG03というアプリを使うだけで、写真の撮影、ビデオの録画、CG03ジンバルカメラの操作などをすることができる。Typhoon 4KはGeo-fencing、スピードコントロール、Follow MeやWatch Meなどを含むシステムに内蔵された様々なスマートな特徴を有する。Q500 4KはまたDynamic Return homeやLOw-BatteryReturn Home、FAA No Flyなどを搭載し、Typhoonシリーズの強みである安全性を維持している。

Typhoon_modularカメラを付け替える事によって、空撮、地上の撮影もジンバル機能によって滑らかな映像が保証される

三軸ジンバルカメラのCG03と最適化されたフォーカスレンズが、なめらか映像と美しい写真を生み出す。それらは内蔵メモリーカードに保存され、同時に、リアルタイムでST10+スクリーンに映し出される。さらに輝度、ISO感度、シャッタースピードなども、高画質の撮影ができるように、自動でも手動でも即座に調整可能だ。115度におよぶ広角なアングルでレンズディストーション機能を有し、1080pのスローモーションビデオの撮影可能であり、また動画撮影をしながら、RAWかJPEGで静止画撮影も可能である。Typhoon Q500 4Kのシステムは、小売店価格で約15万円前後から入手可能である。

Yuneec
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DRONEII、米・ドローンメーカーマーケットシェアTOP10発表、DJIが圧倒的シェア

DRONE.jp提携先のDrone Indusry Insight社(以下:DRONEII)が、アメリカにおけるドローンメーカーのマーケットシェアTOP10を発表した。 DJIが... 続きを読む

Yuneec、Mantis Qお披露目へ。復活の狼煙をあげられるのか?[InterDrone2018]

中国のドローンメーカーYuneecはコンシューマ市場向けの最新モデルをひっそりと発表した。スペックに目を通しての第一印象は、この小さなドローンがMavic AirやParrot A... 続きを読む

Yuneec、産業用にフォーカス。H520ヘクサコプターを発表 [InterDrone2017]

DJIに追随するドローンメーカーの産業用分野への方向転換が続く仲、Yuneec Internationalもその戦略に乗り出した。Yuneec Internationalは、同社で... 続きを読む

YuneecがヘクサコプターH520を発表 [CES2017]

CES2017にて(ブースNo.25202 LVCC, South Hall 2 -) ドローンメーカーでYuneecはラスベガスで開催中ののコンシューマーエレクトロニクスシ... 続きを読む

Yuneecからもセルフィードローン「Breeze 4K」登場 [InterDrone2016]

セルフィードローンがまたもや登場した。コントロールはスマホで簡単に行う。伝統的なRCから自律飛行への移行はもう止まらなそうだ。もはや飛ばすというよりは「ボタンを押す」に近いのだろう... 続きを読む