DRONE

PRODRONE、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)とドローンの安全を確保する技術を共同開発

PRODRONE、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)とドローンの安全を確保する技術を共同開発

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、株式会社プロドローンおよび株式会社サンエストレーディングは9月28日、ドローンの飛行制御通信の安全性を強化する技術を共同開発したことを発表した。

nictPRODRONE01

真性乱数を共通の暗号鍵としてドローンと地上局間で安全に共有し、制御通信をパケットごとに暗号化することで、制御の乗っ取りや情報漏えいを完全に防御する。さらに、暗号鍵を配信にはNICTが管理・運用する量子鍵配送(QKD)ネットワークを用い、複数の暗号鍵をドローンに搭載し、対となる暗号鍵を複数の地上局に量子鍵配送ネットワークで配送する。

nictPRDRONE02

複数の地上局間で安全に飛行制御を引き継ぎながら、ドローンを広域で飛行誘導するセキュア制御通信技術を開発し、その実証実験に成功。暗号化は真性乱数と制御信号パケットの足し算で行われるために計算量が少なく、安全性の高い制御通信を小型・安価なデバイスでも実現できる。また暗号鍵配送QKDネットワークの第一世代システムは2年以内の商品化を予定しており、ドローン暗号通信運用システムの開発・実用化に利用するとしている。

いち早くドローンに量子暗号通信を適用した本技術は、9月28日(月)に一橋講堂にて開催される第4回 量子暗号・量子通信国際会議(UQCC 2015)にて発表される。

Return Top