米グーグル、2017年にドローン配達サービス開始を発表

2015-11-05 掲載

米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは、ドローン(無人機)による配送サービスを2017年中に開始する計画であることを明らかにした。

「プロジェクト・ウイング」と呼ばれる今回のドローン配達サービス計画は、プロジェクトの責任者であるデービッド・ボス氏がワシントンで開催されたATCC(航空管制コンベンション)でのスピーチで明らかにしたもの。プロジェクトは2014年にグーグルのリサーチラボGoogle X内で結成され、現在はアルファベット社の下で進められている。過去にはオーストラリアでカスタムデザインのドローンによる飛行検証などが行われていた。

また米国内では今夏にNASAの協力を得て実験を行っている。グーグルが実際にどのようなドローン機を使うのか、またサービスがどのようになるのかなどの詳細は未明。航空管制システムについては米連邦航空局(FAA)や他の関係者らとの間で協議されており、このシステムは、既存の携帯電話のネットワークインフラを利用し高度152メートル以下を飛行するドローンの航路を制御するという。

AmazonやAlibabaでも同様のサービス計画を打ち上げている。Amazonでは、2.3kg未満の注文品を輸送できるオクトコプターを使用する予定。また中国最大のオンライン業者のAlibabaでは今年の初めには既にドローン配達のトライアルを実施している。

(山下香欧)

[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Alphabet「Wing」、フィンランドで10分間のドローン配達トライアルを実施

Alphabet(Google)傘下の独立ビジネスとして再スタートを切ったドローン配達サービスであるWingが、来年フィンランドでトライアルサービスを開始すると発表した。2019年... 続きを読む

LoonとWing、Google Xから独立

Google Xの下でスタートした際には「正気の沙汰ではない」プロジェクトだとみなされていたLoonとWingだが、今では状況が全く異なっている。惜しみない努力、そして繰り返し行わ... 続きを読む

Googleの親会社が太陽光発電ドローンプロジェクト中止へ

Googleの親会社であるAlphabetは世界中の遠隔地でインターネットアクセスを可能にするために設計された太陽光発電ドローンプログラム「Titan」を中止させるようだ。 ... 続きを読む

会議はドローンとともに。Google社の最新特許技術とは会議用ドローン?!

ドローンという機材が開発されて一番イノベーティブだと思われるのは、やはりテレプレゼンス(遠隔地のメンバーとその場で対面しているかのような臨場感を提供する技術)が実現し得るということ... 続きを読む

Googleの親会社Alphabet、宅配ドローンを試験的にスタート

Google Project Wing drone delivery projectGoogle FAAアメリカ連邦航空局(Federal Aviation Admini... 続きを読む