Amazon Prime Air 仕様変更でドローンから固定翼へ。サービスローンチも間も無くか?

2015-11-30 掲載

2015年中にサービスインする予定だった配達ドローンを使った30分以内の配達サービス「Amazon Prime Air」の最新ムービーを公開。幾つかの仕様点が変わったようだ。機体の変更があり、マルチコプターだったものが、固定翼に変更されている。また、受け取りの際のアプリやドローンの着陸地を指示するために専用マットを置くなどサービースの詳細も見ててきた。順調に準備は進めている模様だ。

Amazon Prime Airは約2.3kgまでであれば、30分以内に商品をドローンで届けるサービス。アメリカ、イギリス、イスラエルに開発拠点を構え、サービスローンチに向けて試験フライトが繰り返されている。安全性と合法性が確認され次第、2016年にもサービスに入るとされている。

▶︎Amazon Prime Air
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Amazon Prime Air、技術を生かし、フェイスシールド開発。医療従事者の保護に貢献

新型コロナウイルス拡大によって、第一線で活躍する医療従事者のためのフェイスシールド保護具は、今もなお不足している。必要性を感じたAmazon Prime Airの機械設計チームとハ... 続きを読む

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動し... 続きを読む

アマゾン、ドローン配送サービスインまもなく。Prime Airドローン機体新デザインも発表

Image Via JORDAN STEAD / Amazon ラスベガスで開催中のAmazon主催のre:MARS会議(機械学習、自動化、ロボット工学、宇宙などのカンファ... 続きを読む

Amazon Prime Air、Intel、AirMapから見えてくるドローンの未来 [InterDrone2016]

InterDrone初日、ドローンは新興産業の一翼をどのように担うかというテーマで、Amazon・Intel・AirMapの3社によるKeynoteが行われた。 Amazon... 続きを読む

Amazonの新特許はプロペラにひと工夫!

Amazonはドローンのプロペラ製作に対する特許を提出した。特許の内容は警告音や特定の言葉を出すことのできるプロペラだ。Amazonは人々の家やオフィスに荷物を届けることに尽力を続... 続きを読む