アマゾン、アマゾンプライムドローンのティザーサイトを公開。新型ドローンのプロトタイプも紹介

2015-12-01 掲載

昨日お伝えしたAmazon Prime Airの続報である。Amazon.comは、週末に新しいドローンとデリバリサービス構想を紹介するページを公開した。

アマゾンが最初にサービス計画をCBSテレビ番組にて打ち明けて以来、2年ぶりに進捗を一般に公開したことになる。公開ページでは、新型ドローンの写真から、30分以内に配達するというドローンのデリバリサービス“Amazon Prime Air”についての新しいプロモーションビデオが公開されている。

151201_rear 151201_2_drones

新型ドローンのプロトタイプは写真(左)の通り、リアにプロペラを持った、ヘリコプターと飛行機の要素を持つ設計で、最初に公開したオクトコプターのドローンよりも全体のサイズが大きい。新ドローンでの配達は最長24km区間まで可能で、地上から122m近くの上空を飛行し、配達できる荷物は25kg程度と説明する。

151201_speed

またビデオでは時速は88~94km/hという、高速道路を走るよりも早い速度で飛行する。プロモーションビデオで説明しているように、配達先の土地環境、配達する荷物によってドローンを使い分ける計画とみられる。アマゾンが結成したプライム・エアーチームによって進められている試験飛行などは米国外で行われていたが、今年の3月にFAAより国内での試験飛行の許可が下りている。ビデオで実演している通り、ドローンの飛行試験は積荷して行っているとみられるが、実際のサービスに向けてのフローナビゲーションについては開示されていない。

アマゾンはドローンによる配達システムについて、昨年秋に特許出願をしており、今年の4月末に承認を得ている。今回のプロモーションビデオでも、特許事項をビジュアル化したものが含まれている。

151201_navi
新しいプロモーションビデオには、アマゾンスタジオと契約したトップギアのジェレミー・クラークソンが出演している
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Amazon Prime Air、技術を生かし、フェイスシールド開発。医療従事者の保護に貢献

新型コロナウイルス拡大によって、第一線で活躍する医療従事者のためのフェイスシールド保護具は、今もなお不足している。必要性を感じたAmazon Prime Airの機械設計チームとハ... 続きを読む

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動し... 続きを読む

アマゾン、ドローン配送サービスインまもなく。Prime Airドローン機体新デザインも発表

Image Via JORDAN STEAD / Amazon ラスベガスで開催中のAmazon主催のre:MARS会議(機械学習、自動化、ロボット工学、宇宙などのカンファ... 続きを読む

Amazon Prime Air、Intel、AirMapから見えてくるドローンの未来 [InterDrone2016]

InterDrone初日、ドローンは新興産業の一翼をどのように担うかというテーマで、Amazon・Intel・AirMapの3社によるKeynoteが行われた。 Amazon... 続きを読む

Amazonの新特許はプロペラにひと工夫!

Amazonはドローンのプロペラ製作に対する特許を提出した。特許の内容は警告音や特定の言葉を出すことのできるプロペラだ。Amazonは人々の家やオフィスに荷物を届けることに尽力を続... 続きを読む