DRONE

DJI、ユーザー向けドローン賠償責任保険と許可が必要な飛行エリアマップ公開

DJI、ユーザー向けドローン賠償責任保険と許可が必要な飛行エリアマップ公開

DJI JAPANは、万一の事故に備える「ドローン賠償責任保険」を三井住友海上火災保険株式会社と提携して、12月24日より発売を開始する(取扱代理店:エアロエントリー株式会社)。それに合わせ、ユーザー向けに、事前の飛行許可が必要とされる飛行エリアのマップもDJIのウェブサイトで公開した。

現在、DJI JAPANのPhantom 3シリーズとMatrice 100には、施設所有(管理者)賠償責任保険案内が同梱され、購入後の登録手続きをしたユーザーに1年間の損害賠償責任を無償で補償されている。今回新たに発売を開始するドローン賠償責任保険は、これまでの保険を補完するもので、操作ミスなどによる物理的な損害(第三者への対人 / 対物)や、撮影によるプライバシー侵害などによって被った人格権損害賠償責任を補償する。補償期間は1年間で、対象機種は、Phantomシリーズ、Inspireシリーズ、Matrice 100、その他DJI製のフライトコントローラーを搭載した機体。補償内容と保険料は次のとおり。

DJI_hyo1
Return Top