Drone Selfies!? Twitterがドローンを使ったサービスに着手!

2016-01-06 掲載

Facebookドローン、Googleドローン…。世界が誇るインターネット会社が次々とドローンに着手する中、次はどの会社がドローンに目をむけるか注目してきたが、いよいよTwitterドローンも登場するらしい。FacebookとGoogleは世界中にインターネットを供給できる大型プラントを要しているが、Twitterは、よりシンプルな(そしてより簡単に儲かるビジネスモデルで)アイデアがあるようだ。

2015年6月、ご存知ソーシャルメディアの巨人であるTwitterは米国特許商標局に「MessagingEnabled Unmanned Aerial Vehicle」の商標を申請した(しかし、特許が発行されたのは半年後の2015年12月)。どうやら空中から撮影した写真が投稿できるような仕組みらしい。このアイデアは非常に素晴らしく、Twitterに投稿できる写真は今までは地上から自分で撮った写真のみだったが、Twitterドローンを使えば撮影のバリエーションが格段に増える。

きっと誰もがマウンテンバイク、スキー、サーフィンなどのパフォーマンスを空中から撮影できると考えるだけで興奮してしまうだろう。特許申請時に提出された資料によればTwitterドローンのスペックはカメラ・コントローラー・リアルタイムメッセージ送信機能といったシンプルなもので構成されているようだ。

Twitterは2015年にライブストリーミングサービス「Periscope」を発表したばかり。PeriscopeとTwitterドローンのコラボレーションも考えられそうだ。Twitterドローンについてまだ詳しいことはベールに包まれているが、Twitterからは「Drone Selfies」とだけ反応があった。いわゆるドロニーの領域もTwitterによって加速していくのだろうか?

▶︎United States Patent & Trademark Office (Twitter)
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Alphabet「Wing」、フィンランドで10分間のドローン配達トライアルを実施

Alphabet(Google)傘下の独立ビジネスとして再スタートを切ったドローン配達サービスであるWingが、来年フィンランドでトライアルサービスを開始すると発表した。2019年... 続きを読む

LoonとWing、Google Xから独立

Google Xの下でスタートした際には「正気の沙汰ではない」プロジェクトだとみなされていたLoonとWingだが、今では状況が全く異なっている。惜しみない努力、そして繰り返し行わ... 続きを読む

Googleの親会社が太陽光発電ドローンプロジェクト中止へ

Googleの親会社であるAlphabetは世界中の遠隔地でインターネットアクセスを可能にするために設計された太陽光発電ドローンプログラム「Titan」を中止させるようだ。 ... 続きを読む

会議はドローンとともに。Google社の最新特許技術とは会議用ドローン?!

ドローンという機材が開発されて一番イノベーティブだと思われるのは、やはりテレプレゼンス(遠隔地のメンバーとその場で対面しているかのような臨場感を提供する技術)が実現し得るということ... 続きを読む

Googleの親会社Alphabet、宅配ドローンを試験的にスタート

Google Project Wing drone delivery projectGoogle FAAアメリカ連邦航空局(Federal Aviation Admini... 続きを読む