360°映像で体験。NASAグリースト・ライトニングの飛行

2016-02-09 掲載
Credits: NASA Langley/David C. Bowman

グリースト・ライトニング、もしくは「GL-10」と呼ばれる遠隔操作型の無人飛行機(ドローン)をご存知だろうか?グリースト・ライトニングは「電光石火」を意味する。

※マウスドラッグで360°映像が楽しめます(PCのみ)

この360°カメラの映像を見て欲しい。パイロットシートからのドローンの離陸シーン、上空からの風景、そして着陸シーンが見て取れる。NASAのラングレーリサーチセンターが開発したグリースト・ライトニングは現在デザインと調査の段階にある。

グリースト・ライトニングは従来の航空機に比べて非常に静かな機体だとNASAのエンジニアは言う。NASAが開発しているというだけあって、実際に活用される日が来るのが楽しみなドローンだ。

NASA GL-10
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Alaka’i Technologies、NASAと「空飛ぶクルマ」機体パートナー選出へ。唯一の水素燃料電池搭載

NASAは、Alaka’i Technologies(以下:Alaka’i)がNASAのAdvanced Air Mobility National Campaign(先進的エ... 続きを読む

Insta360、ポケットサイズの360度カメラ「Insta360 ONE X2」発表

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)は、ポケットサイズの360度カメラ「Insta360 ONE X2」(以下:ONE X2)を発表した。希望小売価格は税... 続きを読む

Swift Engineering、NASA共同プロジェクト“SULE”初フライト成功

Swift Xiの親会社であるSwift Engineering Incは、アメリカ航空宇宙局(NASA)エイムズ研究センターの協力により、高高度滞空型無人航空機(Swift Ul... 続きを読む

NASA、 ラングレー研究センターeVTOL 「Langley Aerodrome 8」開発順調に進行中

imge Credits: NASA NASAラングレー研究センターが発表した新しい映像には、Langley Aerodrome 8 (以下LA-8)が紹介されている。これは... 続きを読む

GA-ASI、NASAと共同で遠隔操縦無人機デモフライトを南カリフォルニアで実施

米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(以下:GA-ASI)は、NASA(米国航空宇宙局)と共同で遠隔操縦無人機SkyGuardianのデモフライトを、4月上旬... 続きを読む