DRONE

パナソニック、300m先のドローンを検知するシステムを発表

パナソニック、300m先のドローンを検知するシステムを発表

パナソニック システムネットワークス株式会社は、新開発32チャンネル集音アレイマイクと、IP対応の全方位カメラとを組み合わせで、約300m先から飛来するドローンを確認することができる「ドローン検知システム」を開発。3月7日より本システムの受注を開始するという。

panasoni300_2

本システムは、同社の音声処理技術と映像監視技術により実現したもので、現在展開中である16個の無指向性マイクを円形に配置したマイクアレイ構成の全方位マイクをベースに、更に感度を上げるためマイクを32個に増強し、合わせてコントロールするソフトの見直しを実施することで約300m先のドローン飛来音を検知することが可能になったという。

panasonic300_01

さらに昼夜に対応した旋回・チルト、ズーム機能を搭載した監視カメラシステムと連携・システムアップすることで、マイクで飛来音を検知した後、ドローン機体をカメラの映像で確認することが可能だ。パナソニックは、システムを官公庁および警備会社をはじめ機密保持が必要な企業・団体を対象に提供していくという。

このシステムは、2016年3月8日(火)から東京ビッグサイトで開催される第24回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2016」のパナソニックブース(東3ホール、小間番号:SS3604)にて参考出展される。

▶︎Panasonic
Return Top