PRODRONE、仙北市およびNICTと共同でドローンによる学校図書輸送の実証実験を実施

2016-04-12 掲載

株式会社プロドローンは、秋田県仙北市および国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と共同で、PRODRONE製ドローンを使用し学校間で本を運ぶ実証実験を行った。昨年8月に仙北市がドローンの活用で地域活性化を狙う「地方創生特区」に指定されて以来、初となる実証実験である。

仙北市では、市内の小中学校の図書館を横断して検索できる学校図書のネットワークシステムを数年前より構築しているが、本の輸送自体は教員が行う必要があり、実際の利用がほとんど無い。PRODRONEとNICTは、この蔵書検索ネットワークシステムと連動したドローン配送システムをAndroid端末とPC上のアプリケーションおよびクラウドサービスとして構築した。NICTと共同開発した次世代の強力な暗号化によるセキュリティを実装することで、安全面に最大限配慮し、実運用を見据えたドローン配送システムとして今回の実証実験に臨んだという。

プロドローンが新たに開発したドローン図書配送管理システム。
仙北市の学校図書検索ネットワークと連携して配送手配が行える

”ドローン特区”を活用し、小中学校の生徒に夢を運ぶ事業をしたいという仙北市、門脇市長の思いを実現するために、4月11日に行われた今回の配送実験では、プロドローンが製造する全天候型の基本プラットフォーム「PD6-AW」(DELIX仕様)をベースに図書収納用の専用ケースや自動航行機能を装備した特別仕様のドローンを開発。「星の王子さま」の単行本など3冊(計約1kg)を収納し、西明寺小学校から西明寺中学校までの約1.2kmを、約50mの高度で約10分かけて飛行した。

160412_01-1 今回の実証実験に使用した専用ドローン機体
ドローンが校庭に飛来、着陸する様子
160412_03 中型機PD6-AWをベースにカスタマイズ
160412_drone05 本体下部に図書収納用のケースを装備
160412_04 より安全な飛行ルートを選んで自動航行
160412_05 生徒たちが見守る中、無事に本の配達を完了

ドローンの離着陸時はオペレーターが操縦し、上空50mから学校間の移動は自動航行させた。飛行ルートも民家などは避け、より安全な飛行ルートを選んで自動航行。ドローンの真下には常時監視用の車を追走させ、途中の国道を横断する際には赤信号による監視車の停止に合わせてドローンも上空でホバリング待機を行うなど、安全面にも配慮して飛行を行った。

ドローンに搭載したカメラからの空撮映像(簡易カメラ・ジンバルなし)
今回の実証実験を終えて、仙北市の門脇光浩市長にインタビュー
▶︎仙北市

関連する記事

PRODRONE、第三者割当増資の実施と千葉功太郎氏の社外取締役就任を発表

(左)PRODRONE社外取締役 千葉功太郎氏(右)PRODRONE代表取締役社長 河野雅一氏 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、DRONE FUND... 続きを読む

楽天、山岳エリアで高度差におけるドローン物資配送実証実験初成功

目的地の「白馬山荘」へフライトスタート 楽天株式会社は、白馬村山岳ドローン物流実用化協議会の一員として、長野県白馬村の白馬岳の登山口にある「猿倉荘」から、山頂にある山岳宿舎「... 続きを読む

Walmart、ドローン配送を開始〜ドローンで商品が届く日がやってきた!

ドローン配送で買い物もいよいよ現実味を帯びてきた新規事業でドローン関連の多くの特許を取得している世界最大のスーパーマーケットチェーンのWalmart(日本の西友もその傘下)は、ノー... 続きを読む

PRODRONE、長距離物流や沿岸警備向けシングルロータードローン「PDH-GS120」発表

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、長距離物流や沿岸警備で活躍しているシングルローター型ドローン「PDH-GS120」を発表した。長距離長時間飛行のニーズに応えるため... 続きを読む

PRODRONE、機体を効果的に運用可能なグラウンド・コントロール・ステーション「PD-GCS」を発表

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、機体を効果的に運用することが可能となるPRODRONEオリジナルのグラウンド・コントロール・ステーション「PD-GCS」を発表した... 続きを読む