Amazonの新特許はプロペラにひと工夫!

2016-04-18 掲載

Amazonはドローンのプロペラ製作に対する特許を提出した。特許の内容は警告音や特定の言葉を出すことのできるプロペラだ。Amazonは人々の家やオフィスに荷物を届けることに尽力を続けており、FedExやDHLといったデリバリー関係の企業のやり方とは一線を画している。今回の特許は二つの要素から成り立っているという。

amazon_drone_patent

1つ目はドローンのプロペラを使って着陸時に、近くにいる人々に注意を促すというものだ。おそらく「ご注意ください」といったような言葉を発するのだろう。また、LEDをプロペラに配置して文字を表示することもできるようだ。これを使えば“Hi.”のような簡単なメッセージを映し出すことができる。

もう一つはノイズキャンセルの機能で、プロペラが別の方向に回転することで騒音を軽減するというもの。特許内の例によると、2つのプロペラの場合、第一のプロペラが揚力を生み出し、第二のプロペラはアンチノイズサウンドを生み出し騒音をキャンセルするという。ノイズキャンセル機能となる。このプロペラが近い将来Amazonのドローンに搭載されるのだろうか。

Amazon Prime Air
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Amazon Prime Air、技術を生かし、フェイスシールド開発。医療従事者の保護に貢献

新型コロナウイルス拡大によって、第一線で活躍する医療従事者のためのフェイスシールド保護具は、今もなお不足している。必要性を感じたAmazon Prime Airの機械設計チームとハ... 続きを読む

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動し... 続きを読む

アマゾン、ドローン配送サービスインまもなく。Prime Airドローン機体新デザインも発表

Image Via JORDAN STEAD / Amazon ラスベガスで開催中のAmazon主催のre:MARS会議(機械学習、自動化、ロボット工学、宇宙などのカンファ... 続きを読む

Amazon Prime Air、Intel、AirMapから見えてくるドローンの未来 [InterDrone2016]

InterDrone初日、ドローンは新興産業の一翼をどのように担うかというテーマで、Amazon・Intel・AirMapの3社によるKeynoteが行われた。 Amazon... 続きを読む

アマゾン、アマゾンプライムドローンのティザーサイトを公開。新型ドローンのプロトタイプも紹介

昨日お伝えしたAmazon Prime Airの続報である。Amazon.comは、週末に新しいドローンとデリバリサービス構想を紹介するページを公開した。 アマゾンが最初にサ... 続きを読む