DRONE

DJI、空撮専用プラットフォームMatrice600を発表:NABshow2016

DJI、空撮専用プラットフォームMatrice600を発表:NABshow2016

DJI は次世代空撮プラットフォーム「Matrice 600以下: M600」を発表した。M600はプロフェッショナルレベルの空撮、映像制作向けのプラットホームになる。M600は、新製品A3 フライトコントローラーと統合され、高いフレームレートと最大距離 5km※までの HDライブストリーミング機能を提供する、最新のLightbridge2映像配信技術を備えている。

※日本での伝送距離は3.5km

M600は、DJIが初めて発表する最もパワフルで操作が容易なプロフェッショナル向けプラットフォームです。M600のプラットフォームデータと情報は、A3フライトコントローラーに予めプログラムされているため、最小限の設定ですぐに飛行を開始することが可能です。

とDJIシニアプロダクトマネジャーポール・パン氏はコメントした。

camera_lineUP

M600は、ペイロード(最大積載重量)6.0kg、6ローターシステム。Z15シリーズ、Zenmuse Xシリーズのカメラを含む DJI Zenmuseジンバルの全シリーズ向けの理想的なシステムである。さらにM600は3軸手持ち型ジンバルシステム、Ronin-MXも使用可能だ。M600の推進システムは防塵設計で、耐久性も向上している。また、モーターが能動的に冷却されるため信頼性の高い飛行を実現する。ランディングギア部分は格納式で360度全方向遮ることなく撮影することが可能だ。

M600は、映画監督のためのゲームチェンジャーです。他の多くの製品は、トップクラスのフライトコントローラーや、Lightbridge2のようなビデオ伝送システムと統合できるようなオプションはありません。しかもM600は、多種多様なカメラやジンバルに対応可能です。新製品Ronin-MXとM600との統合により、比類のない安定性と映画のような高品質の映像撮影が簡単なことだと驚かれることでしょう。

DJIエグゼクティブ・クリエイティブディレクターのシェルダン・シュワルツ氏は、コメントした。

M600は、DJI Onboard SoftwareDevelopment Kit(SDK)およびMobile SDKと互換性のある最高品質の開発プラットフォームとして、さまざまな産業用アプリケーションを開発することが可能だ。小売価格は、520,000円(税抜)。

Return Top