エアロセンス、ウェザーニューズと協力しドローンによる気象観測ネットワークを構築

2016-04-26 掲載

エアロセンス株式会社と株式会社ウェザーニューズは、全国8エリアのエアロセンスのオペレーションセンターで運航する自律型無人航空機(以下、UAV)にウェザーニューズの気象観測センサーを搭載し、低層域の気象観測ネットワークを構築することに合意した。ウェザーニューズはゲリラ雷雨や霧などの局地的な気象現象の予測精度向上や、災害発生時の気象把握を行い、気象サービスの品質向上を目指す。

また、エアロセンスはウェザーニューズから気象情報の提供を受け、測量・物流ミッション等における安全飛行の高度化を目指す。今後、ウェザーニューズは UAV に搭載する観測センサーの開発を行い、今夏から共同で実証実験を行う予定だ。

実証実験終了後には第一段階として、大規模イベントの開催時や、首都圏の降雪など社会的影響が大きい事象が発生した際に都度観測を行い、段階的にエアロセンスの運航する全てのUAVに気象観測センサーを展開するという。UAV導入によって低層域の気象観測を強化し、ゲリラ雷雨など局地予測や災害の発生を監視する役目も担う。

▶︎エアロセンス

関連する記事

トルビズオン、私有林上空におけるドローン物流のビジネスモデルを下関市にて実装開始

協賛各社(順不同) 株式会社トルビズオンは、セイノーホールディングス株式会社、組合林業株式会社、JForestグループ山口県森林組合連合会、山口県西部森林組合、株式会社リテールパ... 続きを読む

エアロセンス、エアロボクラウド測量計算機能強化。短縮スタティックと任意のRINEXデータに対応

エアロセンス株式会社(以下:エアロセンス)は、エアロボクラウドで提供している基準点測量機能を強化した。この強化により、1級GNSS受信機を使った1級・2級の公共測量基準点の設置が可... 続きを読む

エアロセンス、AEROBO onAirでゴルフ大会生中継。空撮8時間超

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO onAir(有線ドローンシステム)が、日本テレビ放送網株式会社の日本プロゴルフ選手権大会の撮影に採用された。AEROBO... 続きを読む

ソニービジネスソリューションとエアロセンスが有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービスの提供を開始

ソニービジネスソリューション株式会社と、エアロセンス株式会社は、2018年7月17日から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービ... 続きを読む

エアロセンス、ドローン用対空標識「AEROBO Marker」がNETIS登録完了

エアロセンス株式会社は、同社が開発、製造および販売している「AEROBO Marker(エアロボマーカー:GNSS搭載対空標識)」がドローン用対空標識としてNETIS(New Te... 続きを読む