DRONE

エアロセンス、ウェザーニューズと協力しドローンによる気象観測ネットワークを構築

エアロセンス、ウェザーニューズと協力しドローンによる気象観測ネットワークを構築

エアロセンス株式会社と株式会社ウェザーニューズは、全国8エリアのエアロセンスのオペレーションセンターで運航する自律型無人航空機(以下、UAV)にウェザーニューズの気象観測センサーを搭載し、低層域の気象観測ネットワークを構築することに合意した。ウェザーニューズはゲリラ雷雨や霧などの局地的な気象現象の予測精度向上や、災害発生時の気象把握を行い、気象サービスの品質向上を目指す。

また、エアロセンスはウェザーニューズから気象情報の提供を受け、測量・物流ミッション等における安全飛行の高度化を目指す。今後、ウェザーニューズは UAV に搭載する観測センサーの開発を行い、今夏から共同で実証実験を行う予定だ。

実証実験終了後には第一段階として、大規模イベントの開催時や、首都圏の降雪など社会的影響が大きい事象が発生した際に都度観測を行い、段階的にエアロセンスの運航する全てのUAVに気象観測センサーを展開するという。UAV導入によって低層域の気象観測を強化し、ゲリラ雷雨など局地予測や災害の発生を監視する役目も担う。

Return Top