ドローン業界における不可欠なパートナーシップ一覧

2016-04-27 掲載

企業が大きな成功を成し遂げるためには、戦略的なパートナーシップは有効な手段の一つだ。事実、世界のドローン市場の独占に向けて動いているDJIはデジタルデザインや3DプリンティングをShapewaysと、商業ドローンシステムの開発をLufthansaグループと日本においては、PRODORNEと、緊急時におけるドローンの安全性のプロモーションをEENAと、動画中継をFacebookと行っている。また、アップルストアにはPhantom 4が販売されているのはご存知の通りである。他の興味深い傾向として、UAVのハードウェア製造企業とUAVオペレーション企業は特定の領域に目を向け始めている。以下に幾つかの事例を紹介しよう。

Drone-Company-Partnerships※画像をクリックすると大きくなります。 Source from droneii.com
空間統合

アメリカの企業Aero KineticsとFreeflight Systemsは協働して、ADS-Bを使った航空電子機器を全米航空システム(NAS)におけるUASの商業利用に生かしている。

長距離間コミュニケーション

Telefonicaの3G SIMカードはDelairTechのドローンに導入されており、この技術によってユーザーは距離に関係なく別々の場所にあるドローンとコミュニケーションをとることができる。

クロスセグメント

スウェーデンのSaabとスイスのUMS AeroGroupはUMS Skeldar AGを設立した(47% Saabで53% UMS AeroGroup)。MS Skeldar AGはマルチスキルを持った企業である。しかし、全てのスキルはUAVプログラムと関係しており、その内容は開発、製造、検証、研修、メンテナンスと多岐にわたる。

共同製作

中国のドローン製造会社XIROと深圳が本拠地のTencentは小型ドローンの共同製作を行っている。共同製作されたドローンは両方の会社で別々の名前を冠して販売される予定だという。

システムインテグレーション

レーザースキャンを得意とするオーストリアの企業RIEGLとスイスの企業AeroScoutはパートナーシップを結んでLiDAR技術(光検出と測距)を用いたUAVプラットフォームの開発を進めている。

BVLOS:

Sharper ShapeとEEI (Edison Electric Institute)は共同で、一般的な視覚や視線を用いたシステムとは一線を画したソリューションの開発を進めている。以上の例はドローン市場の発展を加速させるものであり、そのために企業間のコラボレーションが増えているということがわかる。

▶︎Droneii.com
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

株式会社COMPASS、DJI RoboMaster S1に対応するロボットプログラミング教育カリキュラムを提供

株式会社COMPASSは、DJI JAPAN株式会社が2019年6月12日に発表した教育用ロボット「RoboMaster S1」に対応するロボットプログラミング教育カリキュラムを、... 続きを読む

DJI、教育用ロボット「RoboMaster S1」を発表!中国に続き日米でもRoboMasterスタート!!

DJIは、同社初となる地上走行ロボット「RoboMaster S1」を2019年6月12日に発売した。希望小売価格は税込64,800円。専用コントローラー、予備のゲル弾、バッテリー... 続きを読む

DJI、6月11日に新製品発表か?次は地上を駆け巡る?

先日のOsmo Actionの発表の興奮冷めやらないDJIだが、またしても6月11日(北米時間:日本国内は12日)に新製品を発表する。そのティザーが公開された。 ... 続きを読む

DJI、「第10回 学校・教育総合展」に出展。Tello EDUを使用した小中学校向けプログラミング教育カリキュラム試案を実演

DJIは、2019年6月19日(水)から6月21日(金)までの3日間、東京ビッグサイト/青海展示棟で開催される「第10回学校・教育総合展(Education&School Trad... 続きを読む

[Reviews]Vol.30 アクティビティから普段使いまで。手軽に高画質動画を楽しめる「Osmo Action」は「GoPro」を超えるのか?

5月17日にDJIが「Osmo Action」発売 「新たな自分を、解き放て。」のキャッチコピーのもと、5月17日にDJI JAPANからアクションカメラ「Osmo Acti... 続きを読む