ドローン業界における不可欠なパートナーシップ一覧

2016-04-27 掲載

企業が大きな成功を成し遂げるためには、戦略的なパートナーシップは有効な手段の一つだ。事実、世界のドローン市場の独占に向けて動いているDJIはデジタルデザインや3DプリンティングをShapewaysと、商業ドローンシステムの開発をLufthansaグループと日本においては、PRODORNEと、緊急時におけるドローンの安全性のプロモーションをEENAと、動画中継をFacebookと行っている。また、アップルストアにはPhantom 4が販売されているのはご存知の通りである。他の興味深い傾向として、UAVのハードウェア製造企業とUAVオペレーション企業は特定の領域に目を向け始めている。以下に幾つかの事例を紹介しよう。

Drone-Company-Partnerships※画像をクリックすると大きくなります。 Source from droneii.com
空間統合

アメリカの企業Aero KineticsとFreeflight Systemsは協働して、ADS-Bを使った航空電子機器を全米航空システム(NAS)におけるUASの商業利用に生かしている。

長距離間コミュニケーション

Telefonicaの3G SIMカードはDelairTechのドローンに導入されており、この技術によってユーザーは距離に関係なく別々の場所にあるドローンとコミュニケーションをとることができる。

クロスセグメント

スウェーデンのSaabとスイスのUMS AeroGroupはUMS Skeldar AGを設立した(47% Saabで53% UMS AeroGroup)。MS Skeldar AGはマルチスキルを持った企業である。しかし、全てのスキルはUAVプログラムと関係しており、その内容は開発、製造、検証、研修、メンテナンスと多岐にわたる。

共同製作

中国のドローン製造会社XIROと深圳が本拠地のTencentは小型ドローンの共同製作を行っている。共同製作されたドローンは両方の会社で別々の名前を冠して販売される予定だという。

システムインテグレーション

レーザースキャンを得意とするオーストリアの企業RIEGLとスイスの企業AeroScoutはパートナーシップを結んでLiDAR技術(光検出と測距)を用いたUAVプラットフォームの開発を進めている。

BVLOS:

Sharper ShapeとEEI (Edison Electric Institute)は共同で、一般的な視覚や視線を用いたシステムとは一線を画したソリューションの開発を進めている。以上の例はドローン市場の発展を加速させるものであり、そのために企業間のコラボレーションが増えているということがわかる。

▶︎Droneii.com
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、平昌オリンピック期間中飛行禁止区域設置へ

絶賛開催中の平昌オリンピックだが、DJIはソフトウェアアップデートを推進し、韓国のいくつかの場所で一時的な飛行禁止区域を設置した。 ドローン産業をリードするDJIからの発... 続きを読む

DJI 、CP+ 2018 に MAVIC AIRとRONIN-Sを出展 [CP+2018]

DJI JAPANは、2018年3月1日(木)から4日(日)までの4日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2018(シーピープラス)」 に出展し、今年1月に発表したコンパクト4... 続きを読む

DJI、AUVSI XPONENTIAL2018「Humanitarian Awards」に協賛 [XPONENTIAL2018]

無人化技術を活用した人命救助や健康・環境の向上などの人道的活動を募集 DJIは、 AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems I... 続きを読む

i–Construction対応ドローン3次元測量ソフト「Site Scan」、3次元データの活用及び防災UAV(ドローン)活用セミナー開催

3D Robotics社のパートナーシップ戦略最高責任者を招いて、小型無人機(ドローン)Solo・データ解析ソフトSite Scanのイベントを開催。本セミナーでは、北米シリコンバ... 続きを読む

DJI、SkyPixel 2017年度空撮写真コンテスト「SkyPixel 2017 Photo Contest」のグランプリを発表。応募総数約44,000作品

DJIが運営する空撮写真・映像コミュニティーサイトSkyPixel(スカイピクセル)は、2017年度の空撮写真コンテスト「The 2017 SkyPixel Photo Conte... 続きを読む