ニホンジカ等の生息調査にもドローン有効活用、DJI、大日本猟友会、スカイシーカーが協同

2016-04-30 掲載

大日本猟友会は、DJI JAPAN株式会社と株式会社スカイシーカーと協同でドローンを活用しニホンジカ等の野生鳥獣の生息調査等を行っていくことを発表、東京都千代田区の大日本猟友会にて調印式が行われた。

現在ニホンジカ等の生息調査は、生体の捕獲数や一定の場所での目視、糞の確認数などから推計しており、その個体数推計は188万頭〜358万頭(環境省2012年ニホンジカの個体推計数調査、90%信用区間)と大きな幅がある。そこにドローンに搭載した赤外線サーモグラフィカメラや画像解析技術を利用し、高精度の生息調査を行っていく。

redlinecam 通常のカメラ(左)と赤外線カメラ(右)、赤い囲みに鹿がいることが確認される SONY DSC

ドローンはMatrice100をベースに自動航行システムを開発、3Dマップ上に打ったポイントへドローンが自律航行し、任意の場所で手動航行に切り替えるなどして詳しい調査を行う。

SONY DSC 赤外線サーモグラフィーカメラを搭載したMatrice100

調査はドローンで上空から撮影した映像から画像解析技術によりニホンジカを判別できるシステムを開発し、正確な生息数把握に活用する。また、サーモグラフィーカメラにより草陰などにいる動物もカウント可能になる。まずは、気温が下がる秋以降に実証実験を開始し、環境省等への提案を目指す。

SONY DSC

各県から若手に代表者を選出し先日東京都あきる野市に開校したスカイシーカーが運営するドローン技術者養成プログラムへ参加、ドローン技術者の養成を図っていく

とシステム面だけはなく、人材育成にも力を入れていく方針を大日本猟友会の佐々木洋平会長は話した。

SONY DSC 会場ではサーモグラフィーカメラでデモも行われた
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.22 やっぱりすごかった!Phanotm 4 PRO Ver.2.0、カタログスペックで見えない「違い」を検証

すでに完成度の高さが評判のPhantom 4 PROが、先日Ver.2.0にアップデートされました。事前にPhantom4 PROの生産中止情報は来ていたので、Phantom 5の... 続きを読む

DJI、7月19日に新製品発表か!? 高まる期待!

7月19日に新製品が発表されるようだ!いよいよPhantom5か!?それとも別の新製品か…!? 「SEE THE BIGGER PICTURE」とコピーされたメディアや関係者向け... 続きを読む

エイ出版、DJI JAPAN公式認定資格の取得のための新プラン誕生

株式会社エイ出版社が実施しているドローンの技能認定会「DJI CAMP」で、今回新たに法人を対象とした貸し切りプランと、実技講習とDJI CAMPをセットにした特別プランの2つを追... 続きを読む

システムファイブ、ドローンオンライン飛行申請システムDIPS実践セミナーの開催迫る!

株式会社システムファイブ主催の「ドローンオンライン飛行申請システムDIPS実践セミナー」の開催日が2018年6月25日(月)に迫っている。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セ... 続きを読む

発売開始前に国内最速でDJI Ronin-Sを開封して試してみた!

2018年6月下旬に発売開始予定のDJI「Ronin-S」。発売前のRonin-Sを試用できたので、同梱物の確認や、専用アプリ「RONIN」での操作感、Sony/Panas... 続きを読む