走って、飛んで、掴んでメソスケールロボット「ピコバグ」

2016-05-06 掲載

ペンシルバニア大学のVijay Kumar研究室は最近の研究の1つとしてこのビデオを公開した。論文の中で、彼らは待った新しいロボットシステムを提案しており、このシステムは主に3つの能力を持っている。歩く、飛ぶ、掴むの3つの能力である。

Picobug_1

この新しいロボットシステムには単一自由度の歩行メカニズムとSMA作動グリッパが使われており、これは小型で軽量のドローンにも採用されている技術だ。この技術が30gという重量で歩く、飛ぶ、掴むという機能を実現させている。このロボットの目的と論文の重要な意味は「空飛ぶ猿」のプロトタイプ製作とデザインにある。空飛ぶ猿は歩行ロボットと飛行ロボットの機能を併せ持っており、従来のロボットよりも生きる意義や能力を高めてくれるロボットを表現したものだ。

▶︎Vijay Kumar Lab
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

ジーフォース、名刺サイズのフルHDカメラ搭載ドローン 「LUCIDA(ルシーダ)」発売

FHDカメラ搭載ドローン 株式会社ジーフォースは、動画・静止画ともに1080pで記録が可能なフルHDカメラを搭載した名刺サイズのインドアドローン「LUCIDA(ルシーダ)」を... 続きを読む