たった3ドルでドローン配達が可能に!?

2016-05-24 掲載

またひとつあたらしいドローンサービスが生まれようとしている。このサービスは、ドローン配達の行く末を変え、ドローン技術の発達を更に加速させる布石となるかもしれない。未来は、思っている以上に、近い!…もちろんその精度も気になるところだが!

Uvionix nSKYサービスは、アメリカのカリフォルニア州にて、販売店から6マイル以内の場所に3ドルでUAV配達を行うサービスを提供するという。nSKY配達は近場のレストランや販売店に直接導入され、配達の航空機はどこにでも着陸することができるため、コーヒーショップや、注文した料理を受け取ったり、薬局へ足を運ぶ必要もなくなるようだ。

160524_fig3

既存のロジスティクス業界に風穴を開けようとしているnSKYは、伝統的な販売店の必要がなく、立地に依存せず、ユーザーに届けるバリユーだけに集中できるという真新しいビジネスモデルを実現することが期待されている。既存のビジネスにとっては、二つ目の収入源として活用することができ、追加投資やインフラ整備の必要無く、リーチを広げることができる。

nSKYのUAVはエネルギー消費効率の良いデュアルコアキシャルデザインを採用しており、従来のクアドコプターと比べてより速い速度で長い配達距離を可能にしている。完全防備されたプロペラと円形でコンパクトな27インチのボディは、この機体を消費者にとって安全でフレンドリーなものにしている。安全性はnSKYにとって不可欠なため、全てのUAVは緊急用パラシュートと5段階のInter-Moduleモニタリングシステムを搭載し、配達中の事故に対して最高レベルの予防を行っている。

UAVを外に出してスマートフォンのボタンを一つ押すだけで、機体を配達に出すことができる。販売店の従業員が頻繁に行うであろうこの一連の動作は素早くシンプルとなっており、バッテリー交換の容易さも加わることでUAV導入の時間を最小限に留めている。配達に出ていないときは、nSKY UAVはバッテリーの充電ステーションとしても機能する収納ラックで保管することができる。

このシステムの中枢となるnSKYコントロールセンターはドローンの群衆、飛行禁止区域、衝突回避、そして地形図を管理し、最適な4Dルート算出を行う。航空機の自律飛行は経験を積んだパイロットがモニタリングし、全ての離着陸の際の安全を管理する。

nSKYシステムは2017年中の運用開始を目指しているそうだ。

UVIONIX
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

楽天、山岳エリアで高度差におけるドローン物資配送実証実験初成功

目的地の「白馬山荘」へフライトスタート 楽天株式会社は、白馬村山岳ドローン物流実用化協議会の一員として、長野県白馬村の白馬岳の登山口にある「猿倉荘」から、山頂にある山岳宿舎「... 続きを読む

Walmart、ドローン配送を開始〜ドローンで商品が届く日がやってきた!

ドローン配送で買い物もいよいよ現実味を帯びてきた新規事業でドローン関連の多くの特許を取得している世界最大のスーパーマーケットチェーンのWalmart(日本の西友もその傘下)は、ノー... 続きを読む

神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

ドローンを宅配に活用しようという動きは全世界で進んでいるが、新型コロナウイルスの感染拡大以降は、自治体を中心に実用化を進める動きがある。神戸市も自治体としては早くからドローンの活用... 続きを読む

SkyDrive、神戸市にてセイノーHD、神戸阪急、トルビズオン等とドローン活用配送サービス実証実験を実施

カーゴドローンで運んだ荷物を開封する様子 株式会社SkyDriveは、ドローンを活用した配送サービスの実用化に向けて、兵庫県神戸市協力のもと、セイノーホールディングス株式会社... 続きを読む

KDDI、国内初の自治体運営によるドローン配送事業、伊那市支え合い買物サービス「ゆうあいマーケット」本格運用開始

配送に利用するドローンは、PRODRONEが提供するPD6B-type3 長野県伊那市は、KDDI株式会社と「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」として実証を重ね構築した、ドローン... 続きを読む